サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 第29回メディア4耐にカービューも参戦 今年も表彰台となるか!?

ここから本文です

第29回メディア4耐にカービューも参戦 今年も表彰台となるか!?

今年で29回目を数える伝統イベントに今年もカービューが参戦

2018年9月1日、茨城県の筑波サーキットにて「第29回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(以下、4耐)」が開催された。

4耐は、クルマの走る楽しさを伝えるために、普段は取材する側の自動車メディアがチームを組んで挑戦する4時間の耐久レース。初代ロードスターが発売された1989年から年1回のペースで開催され、今年で29回目を数える伝統のイベントである。

車両は、4耐仕様のマツダ・ロードスター。エンジン、ミッション、排気系は無改造ながら、専用ロールバーや車高調整機構付ダンパー、専用ブレーキパッド、バケットシートなどが備わっている。

ドライバーは1チーム4~5名。レーシングドライバーや著名な自動車ジャーナリストを助っ人として起用する媒体も多いが、1人のドライバーの連続運転時間は50分、合計運転時間は96分までと制限されており、総ガソリン給油量は60リットルまでというレギュレーションが課されている。勝利にはスピードだけでなく燃費も重要になることから、チームとしての総合力が試されるレースとなっている。

昨年、助っ人なしの社内メンバーだけで5位入賞したカービューチーム。今年も監督・ドライバーに変更はなく、ウダガワ、マツオ、イワダテ、ノグチ、ハシモトの5名のサラリーマンドライバーと例年監督を務めているヤマモトが昨年以上の成績(5位以上)を目標に戦いを挑む。

平成元年に第1回がスタートし、今年が平成最後となる節目のレース。歓喜の表彰台(4耐は6位以上で表彰台。)から1年、1つでも上の順位を狙うべくドライバー達は仕事の合間を縫っては、サーキット走行やジムカーナ、レーシングカートなどで練習に励んできた。ピットクルーやサポートメンバーも、各々が昨年の反省を生かしこの日のために準備をしてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します