サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMW 7シリーズに新たなPHVを追加。740e iパフォーマンスを発売

ここから本文です

BMW 7シリーズに新たなPHVを追加。740e iパフォーマンスを発売

BMWジャパンは10月13日、フラッグシップサルーンのBMW 7シリーズにプラグイン・ハイブリッドの「BMW 740e iパフォーマンス」を追加し、注文受付を開始した。“電動化”を加速させる同社のPHVモデルとして5番目の日本導入となる。

ゼロエミッション走行可能距離は42km

BMW 740e iパフォーマンスは、「BMW i」シリーズに採用されている電気駆動技術「eDrive(イー・ドライブ)」を活用。2.0L 直列4気筒直噴ターボに、8速ATと一体化された電気モーターを組み合わせ、システムトータルで最高出力326ps/最大トルク500Nmを発揮する。電気モーターのみでのゼロエミッション走行は42km(JC08モード)、時速は140km/hまで可能。また、0-100km/h加速は5.4秒と高い動力性能も実現している(欧州仕様車値)。

9.2kWhのリチウムイオン・バッテリーを後席下に、ガソリンタンクをラゲッジの床下に格納することにより、ラゲッジ容量は420Lを確保。満充電にかかる時間は約4時間で、全国に約8500基ある「NCSネットワーク」の普通充電器が初年度は無料で利用可能だ。

3つの走行モードから選択できる「eDrive」

ドライバーの好みに応じて「eDrive ボタン」で切り替えが可能な3つの走行モードを装備。デフォルト設定の「AUTO eDrive」は、モーターとエンジンの最適バランスを自動制御して、時速約80km/hまでモーターのみでの走行が可能「MAX eDrive」を選択すると時速140km/hまでのゼロエミッション走行が可能となる。「Battery Control」では、バッテリーの電力消費を抑えながらエンジンで発電し、バッテリー充電量を最高100%まで増やすことができる。

価格は、「740e iパフォーマンス」が1169万円、「740e iパフォーマンス M Sport」が1240万円。ガソリン仕様の「740 i」が1225万円であることから、同社では「7シリーズのエントリーモデルを担う戦略的な価格設定」としている。

次のページ>>スペック

【こちらもオススメ】
新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
新型「BMW 7シリーズ」がハイテク満載でデビュー

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します