サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アルピーヌが日本でも復活。市販モデルの予約は2017年上期からスタート

ここから本文です

アルピーヌが日本でも復活。市販モデルの予約は2017年上期からスタート

ルノー・ジャポンは10月11日、「アルピーヌ ヴィジョン」を日本初公開し、市販モデルの予約注文を2017年上期からスタートすることを正式に発表した。最初の納車は2018年上期の予定。欧州以外の地域では日本がもっとも早いローンチとなる。

また、少数精鋭の専門ディーラーネットワークを構築するほか、日本語のウェブサイトもリリースされる予定だ(本国サイトは、https://alpinecars.com/fr/)。

俊敏かつ官能的な2シータークーペが誕生へ

1956年に設立され、伝説的なラリーカー「アルピーヌ A110」をはじめとした数々の名車をこの世に送りだし、世界ラリー選手権やル・マン24時間といったモータースポーツシーンでも名を馳せた「アルピーヌ」。1990年代に一旦は生産が途絶えたものの、近年はルノー・日産アライアンスによって復活の雄たけびを上げ、さらにケータハムとの業務提携も模索されたが(後に解消)、最終的にはルノー単独での高性能スポーツカーブランド復活となった。

今回披露された「アルピーヌ ヴィジョン」は、コンセプトカーながらも市販モデルにつながるヒントが目白押しだ。デザインはご覧の通り、流れるようなプロファイルや丸みのあるボンネット、4灯内側の丸目ライトなど、「A110」のエッセンスが存分に盛り込まれている。

パワートレーンは、RR方式を採用していた「A110」に対し、エンジンをミッドに搭載したMR方式を採用。今回は見ることが叶わなかったエンジンルームには、ルノー・スポールの手による新開発の4気筒ターボが搭載され、デュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わされる。詳細スペックも未公表だが、0-100km/h加速は4.5秒以下をマークするという。

また、プラットフォームは他のモデルと共有せず、まったくの新開発となる。レーシング仕様やラリー仕様といった別バージョンの構想に加え、将来的にはルノー車にこのプラットフォームを採用する可能性もあるようだ。

インテリアの装いはラリーを彷彿させるもので、ステアリングにはパドルシフトや「SPORT」ボタンが備わる。カバーを開けてからエンジンスタートする儀式はランボルギーニ風だ。また、内装素材はカーボンやアルミを組み合わせつつ必要最低限にとどめ、最大限の軽量化に努めているという。

俊敏かつ官能的で、運転が楽しいクルマを目指して開発が進められている2シータークーペ「アルピーヌ」。市販モデルのボディカラーには、アルプスの雪山をイメージしたホワイト(写真)のほか、“アルピーヌ・ブルー”も用意される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します