サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ダイハツ「トール」マイナーチェンジ。全車速ACCや電動パーキングブレーキなど設定

ここから本文です

ダイハツ「トール」マイナーチェンジ。全車速ACCや電動パーキングブレーキなど設定

ダイハツ「トール」がマイナーチェンジしました。発売は9月15日から。価格はX(FF)の155万6500円~カスタムG(4WD)の209万円まで。同等グレードで比較した場合、3~6万円前後の価格上昇となっています。

現行モデルの登場は2016年11月。5ナンバー枠内のコンパクトボディにスライドドアをもち、子育て層などに人気のモデルとなりました。同じく人気モデルとなっているトヨタ「タンク」、「ルーミー」、スバル「ジャスティ」はトールの兄弟車です。

ボディタイプは「トール」と「トールカスタム」の2種類が設定され、エクステリアはそれぞれフロントバンパーやグリル、LEDヘッドライト、ホイールデザインが変更され、ボディカラーはトールに新色が2色、トールカスタムに4色追加されています。

インテリアは内装色のトーンと、シート形状、センタークラスターパネルのデザインが変更されています。

ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト III」は以下が改良、追加されました。

・新型ステレオカメラ搭載
 (衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能が夜間歩行者検知、追従二輪車検知に対応、検知距離、対応速度の向上)
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
・路側逸脱警報機能
・ふらつき警報
・標識認識機能(進入禁止、一時停止、最高速度)
・ADB(アダプティブドライビングビーム)
・サイドビューランプ
・全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

その他に利便性向上として、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能の採用、スマホアプリ連携が可能な「9インチディスプレイオーディオ」のメーカーオプション設定、センタークラスターパネルにUSBソケット追加、助手席アッパートレイのサイズ拡大などが行なわれています。

さらに、ドアロックまでの待ち時間を解消するタッチ&ゴーロック機能、近づくだけでドアロックを解除するウェルカムドアロック解除機能、予約しておくと、近づくだけでスライドドアが自動で開くウェルカムオープン機能などが追加されています。

パワートレーンに変更はありませんが、見た目にわかりやすい外装、内装の変更、先進安全装備「スマートアシスト III」のバージョンアップ、そして細かな利便性向上という内容は、このモデルのメインターゲットとなる子育て層に響きそうな変更と言えそうです。

(※一部の機能は上位グレードに標準もしくはオプション設定。詳しくは公式サイト参照)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します