サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スーパーEVは0-100km/h=1秒台の時代へ。リマック C_Two発表

ここから本文です

スーパーEVは0-100km/h=1秒台の時代へ。リマック C_Two発表

超高級ブランドの発表の場としても知られるジュネーブショーらしいEV超高級スポーツ、「リマック C_Two」が発表された。2020年に納車が始まり、150台が生産される。

クロアチアに本社を置くリマックは2009年にバックヤードビルダーとしてスタートし、現在は300人以上の従業員を抱えるEV企業に成長、パイクスピークに参戦するモンスター田嶋のマシンにもパワートレーンを供給している。

C_Twoは今年1月にティザー動画が先行公開。そのスペックは思いつく最強の数字を並べたかのようで、0-60マイル(96.6km)/h 加速1.85秒、最高速度412km、最高出力1914hp、最大トルク2300Nm、11.8秒で300km/hに到達する。リチウムイオン電池容量も120kWと特大で、EV航続距離も650km(欧州サイクル)を謳う。

エンジン車の場合、最強のブガッティ「シロン」でも0-100km/h加速は2.5秒。1秒台という加速性能はEVならではで、思い浮かぶライバルは0-60マイル/h=1.9秒を謳うテスラの次期「ロードスター」(2020年発売予定)だろう。スペックシート上はC_Twoがわずかに速いが、EVの加速性能は比較的簡単に引き上げられそうな印象も無くはない。

全長4750×全幅1986×全高1208mm、ホイールベース2745mm、車両重量は1950kg。ステアリング補助を組み合わせた緊急ブレーキやレーンキープ付のACCといった先進装備も満載だ。さらに望めば、NVIDIA製のドライブコンピュータにライダー(LiDAR)、カメラ8個、レーダー6個、超音波ソナー12個を組み合わせたレベル4の自動運転システムも用意されるというが、発売時点で実現しているかは微妙かもしれない。


【関連記事】ジュネーブモーターショー2018特集

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します