サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ、新型フィット発売。通信サービス初採用で緊急サポートやリモート操作が可能に

ここから本文です

ホンダ、新型フィット発売。通信サービス初採用で緊急サポートやリモート操作が可能に

ホンダは、コンパクトカー「フィット」をフルモデルチェンジし、2月14日(金)に発売する。4代目となる新型フィットは、従来のように装備の違いでグレードを設定するのではなく、ライフスタイルやライフステージに合わせて選択できる5つの仕様を設定した。価格は、155万7600円から253万6600円まで。

フィットは2001年に登場した初代から、スペース効率の高さをひとつのウリとして進化を重ねてきた。新型もそこは継承し、コンパクトながらも広々した居住空間と荷室を確保。後席はフルフラットになるだけでなく、座面を後方に跳ね上げることで天地方向に大きな荷物も積載可能とするなど、シートアレンジの豊富さを受け継いでいる。また、スペース自体も広がっており、後席足元スペースや荷室スペースはさらに拡大している。

また新型では、移動中にドライバーや乗員がリラックスできることに重点を置き、4つの心地よさを追求したのが注目ポイント。その4つとは、「心地よい視界」「快適な座り心地」「快適な乗り心地」「使い心地」の4つ。視界は厚さを抑えたフロントピラーや、突起のないフラットなダッシュボードなどにより実現。座り心地はシートの厚型化や足元空間の拡大などで快適性を向上し、乗り心地についてはボディの高剛性化や衝撃を素早く吸収するサスペンションなどで対応。使い心地は、パワーユニットの小型化により荷室容量を拡大したほか、手元周りの収納のしやすさにもこだわった。

また新たな機能として、車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を初採用するとともに、コネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」を開始する。月額550円の基本パックでは、緊急サポートセンターやホンダリモート操作が可能になる。緊急サポートセンターでは、エアバッグ展開時の自動通報や、緊急時の通報ボタンによる通報、トラブルサポートボタンによりオペレーターとの連絡が可能。リモート操作では、エアコン操作やドアロック操作がリモコン操作で行えるほか、万一の盗難時にクルマを探す機能が利用できる。

さらに追加オプションサービスとして月額330円で「ALSOK駆けつけサービス」が提供される。なお基本パックも追加オプションも、初回申し込みから12ヶ月は無料で使用可能だ。

パワートレインは、1.3リッター直列4気筒(最高出力98ps、最大トルク118Nm)と、1.5リッター直4(最高出力98ps、最大トルク127Nm)にモーター(最高出力109ps、最大トルク253Nm)を組み合わせた2モーター式のハイブリッドが用意される。WLTCモードの燃費は、前者が17.0-20.4km/L、後者は23.2-29.4km/Lとなっている。ガソリン車とハイブリッド車のいずれも雪道走行などで頼もしい4WD車も選択可能だ。

装備面では、運転席と助手席の間の空間の収納アイテムを好みに応じて選択し、有効利用できるフレキシブルアタッチメントテーブルや、全席充電環境(タイプ別設定)を用意。またカメラと画像処理チップが進化した安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が全車に標準装備される。

【 ホンダ フィットのその他の情報 】
ホンダ フィットの中古車一覧
ホンダ フィットのカタログ情報
ホンダ フィットの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します