サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダeでホンダの隠れた名物!? カレーうどんを食べながら電力グリッドについて考えたこと

ここから本文です

ホンダeでホンダの隠れた名物!? カレーうどんを食べながら電力グリッドについて考えたこと

「ホンダe」を電源にしてBBQしたり床暖房を使った

ほぼ走らせない「ホンダe」の試乗会に参加した。集合場所は、いわゆる新電力として電力小売事業を展開するほか、住宅用、事業所用の太陽光発電システムの販売なども行う「Looop(ループ)」が栃木県那須町に開業した太陽光発電所を兼ねた宿泊施設「Looopリゾート那須」だ。7694平方メートルの敷地(森)に発電出力203.84kW(約55世帯分)、年間発電量22万2000kWhの能力をもつ太陽光パネルが設置され、それを屋根とした建物が並ぶ。

敷地内にホンダeが用意されている。ただし今回の主目的は試乗ではない。ホンダeに蓄えられた電力を使って、我々が一晩泊まるこの施設の電力を賄おうという試みだ。方法はシンプルで、満充電したホンダeと家庭に備え付けの「充放電器(建物とクルマをつなぎ、充電放電が可能な機器)」を接続するだけ。

施設に備え付けてあったのはニチコンのEVパワーステーション。ロバート・パーマーがいたバンドとは多分関係ない。あとは充放電器にひもづいたスマホアプリで操作すれば、家からクルマへ、あるいはクルマから家へ電力を供給することができる。

この日はひと部屋でホットプレート2つを使い、6人でBBQをした。当然電灯を使い、夜間の気温は10℃未満になったので、ごく短時間ながら床暖房も使った。アプリが示す消費電力はホットプレート2つと電灯だと2~3kWで推移し、床暖房を付けると充放電器の能力いっぱいの6kWに近づいた。電力を取り出す前、ホンダeのバッテリー残量は85%だったのが、約3時間後食事の後には64%になっていた。ホンダeの総電力量は35.5kWhなので、ざっと7kWhを使ったことになる。

これがいわゆるV2H(ヴィークル・トゥ・ホーム)だ。例えば災害によって停電した場合、自宅にHonda eと充放電器があれば電力会社に頼らずとも自力で電力を確保できる。季節により変動するが、一般的な4人家族の1日の消費電力量は約10kWhとされる。ホンダeなら3日分の電力を確保することができる。

これが62kWhのバッテリーをもつ日産「リーフ」なら6日間、13.8kWhの三菱「アウトランダーPHEV」ならエンジンをかけないで1日とちょっと、エンジンをかければ(ガソリンが満タンだったら)約10日間、それぞれ電力を確保できる。実際には緊急時には節約するだろうからもっと長く使えるだろう。

日常的にも家とクルマで電力を行き来させることができれば、電力料金の安い夜間の電力を使ってクルマに電力を蓄え、それを昼間家に戻して使うこともできる。また太陽光発電システムを備えておけば、電力を自給自足できる可能性もある。

充放電器は備え付けとは限らない。ホンダはパワーエクスポーター9000という持ち運び可能な給電器を商品化している。持ち運び可能といっても重量は51kgあり、価格は約120万円と高価(CEV補助金あり)だが。この日は同製品を使って屋外のテント内のライトをつけ、BBQの〆のカレーうどんをあたためた。これがV2L(ヴィークル・トゥ・ロード:車から家電などに電力を供給すること)。

なぜカレーうどんかといえば、カレーうどんもホンダの商品だからそのPRのため。ホンダの主要な事業所の社員食堂では金曜日限定でカレーうどんがメニューに並ぶ。レシピは事業所ごとに異なる。いずれも社員の人気が高く、それぞれ商品化されているのだ。

次のページ>>走らせなくても使えるという電動車ならではの価値

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します