サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 目玉のコネクト技術で一気に若返りを狙う新型カローラ スポーツが登場

ここから本文です

目玉のコネクト技術で一気に若返りを狙う新型カローラ スポーツが登場

トヨタ初の本格コネクティッドはやや囲い込み的な面も

6月26日、トヨタは新型「カローラ スポーツ」を発表しました。日本では実質的に、終了モデルとなった「オーリス」の後継モデルがカローラ・ファミリーに統合された形で、北米の「カローラ ハッチバック」、欧州の「オーリス」と、日本の「カローラ スポーツ」で、同じボディに3つの名前が存在することになります(仕向け地によってパワートレーンにも違いあり)。日本での月販目標台数は2300台。

カローラ スポーツの最大のウリは“コネクティッド”と“クルマ本来の楽しさ”の融合。同時に発表された新型「クラウン」と同様にDCM(クルマ用に特化したモバイルデータ通信機)を標準装備し、トヨタのテレマティクスサービスであるTコネクトが利用できます。新車購入の場合は3年間無料。

カローラで利用可能なサービスは、警告灯が点灯したときのアドバイス、オイルや電子キー充電などのメンテナンス状態の確認、運転エコ度の診断、スマホでドア開閉やハザード点灯を確認(確認のみで施錠はできません)、事故や急病時にオペレーターに接続、オペレーターにナビの目的地設定を依頼、音声対話エージェントで目的地や天気・ニュース情報などを検索、LINEマイカーアカウントなど。

編集は未体験なものの、愛車を友達登録してスマートアシスタントにできるLINEマイカーアカウントは、今風なUIで気軽に使えそうです。ただし、Apple CarPlayやAndroid Autoと違って一般のインターネットのサービスが使えないあたりは、“トヨタ初の走るスマホ”的なクルマまでイメージしたユーザーには肩透かしかも。車両系のアドバイス実施時にディーラーとのコンタクトを絡めているあたり、販売店の活性化も含めたトヨタブランドの囲い込み的な側面もあるのかもしれません。

期待高まる走行性能。海外で好評の高性能版は未導入

一方の楽しさは、デザインや走りなどクルマ本来の魅力の部分。まずはTNGAプラットフォームを活かしたスタイリッシュな内外装デザイン。スポーティなエクステリアデザインや、上下に薄くワイド感のあるインパネ、ホールド性を高めた新開発スポーツシートなどが自慢です。

パワートレーンは1.8LガソリンHV(JC08モード燃費=34.2~30.0km/L)と、1.2L直噴ターボ(JC08モード燃費=19.6~18.0km/L ※FFモデル)の 2種類。ハイブリッドには電気CVTが組み合わされ、直噴ターボには10速制御付CVTと、トヨタ国内モデル初となる回転合わせ機能の付いたiMT(FFモデルのみ、8月発売)が用意されます。

ボディはもちろん、サスペンションのアブソーバーなどにもこだわった新型は、5大陸で延べ100万kmの走行試験を重ねて走る楽しさを追求したとのことですが、プロトタイプ試乗記の評価からも期待が持てそうですね。(https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20180531-20103945-carview/)

ちなみに開発主査の小西良樹CEに、評価の高い北米仕様の2.0Lは入れないのか聞いたところ「個人的には大好きなモデルなので気持ちは当然…」というお言葉。勝手ながら、期待してくださいというニュアンスで受け取っておきました(笑)。

最新のセーフティセンスを全車に標準装備

第2世代型の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備としたのもトピック。夜間の歩行者や、自転車にも対応するほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、操舵も含めたレーンキープ機能、オートマチックハイビーム、標識認識機能などが備わりました。

というわけで新型カローラ、現状では60~70代とも言われるユーザー層を大幅に若返らせるべく、カローラ史に残る本気のテコ入れが行なわれたばかりか、次世代車のキー装備になるコネクト技術をクラウンと共にトヨタ・ブランドの先陣を切って導入しました。そしてもちろん、セダンやステーションワゴンも後に続くことになります。果たして若返り戦略は成功するのか? カローラブランド52年の大転換にこの先も注目ではないでしょうか。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します