サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディA8の2020年モデルに新搭載されたアクティブサスの実力が垣間見えた

ここから本文です

アウディA8の2020年モデルに新搭載されたアクティブサスの実力が垣間見えた

快晴の2月某日、毎年恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が神奈川県の大磯プリンスホテルで開催されました。短時間ではありますが、carview!編集が試乗してきた、輸入車ブランドのさまざまな試乗車の中から、注目モデルのショートインプレッションをお送りします。

====

とにかくフラットで快適な乗り心地

言わずと知れたアウディの最高峰セダンA8。VIP御用達のビジネスマンズ エクスプレス的なイメージが強いモデルですが、プライベートではまったく高級車に縁のない編集が試乗してきました。

テラグレーメタリックという地味(?)なボディカラーのせいもあってか、ぱっと見の派手さはありません。ただ、端正なスタイルと、細部まで作りこまれた数々の装備類がただ者ではない雰囲気をプンプンと漂わせているのは確か。ちなみにどんなボディカラーが設定されているのか気になり調べたところ、グレーだけでもモンスーングレーメタリック、ヴェスヴィオグレーメタリックを加えた3種。他にはホワイト、ブルー、レッド、パール系のいずれも渋めのカラーが中心で合計11色がオプション料金なしで選べるようです。明るいレッドやグリーンなどをお好みの方もご安心ください。アウディエクスクルーシブ(48万円!)という選択肢もありました。

さて2018年に日本へ導入された現行A8ですが、その時から追加導入が予告されていたアウディ プレディクティブ アクティブサスペンションが2020年モデルから選べるようになりました(84万円!)。これはその名の通り、フロントカメラや各種センサーで路面状況を先読みし、車両状況を考慮した最適なサスペンションの動きをアクティブに制御するもの。ノーマルのエアサスでも十分に快適な乗り心地では? と思いつつ乗った印象はとにかくフラット。ノーマルと乗り比べはできませんでしたが、後席をリクライニングさせて目を閉じれば、す~っと快適な眠りに誘ってくれそうです。

また登場時に「量産車として初めてレベル3の自動運転機能を実現する」ということで話題を呼んだ運転支援機能は法整備の問題からいまだ実現に至っていないのはご存じの通りですが、0~約250km/hの間で作動するACC(渋滞時の停止/発進機能付き)はもちろん装備されています。

タイトなペダル配置だけが気になった

今回の試乗車は3.0L V6ターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせたA8 55 TFSI クワトロ。最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮するエンジンにモーターアシストも加わり、2トンを超える車体を軽快に走らせます。ボディサイズは全長5170×全幅1945×全高1470mmと大柄ですが、視界が良いせいもあって取り回しに苦労することはありませんでした。モダンで質感の高い装備類とウッドパネルが調和したインテリアに囲まれながら、終始落ち着いて運転を楽しむことができましたが、ペダル配置がタイトで左足の置き場が狭いところだけは少し気になりました。

かつての映画『トランスポーター』シリーズでは、薄毛系アクション俳優のジェイソン・ステイサムがA8を思うままに操り、正統派プレミアムセダンのイメージと劇中の粗暴な走りのギャップにすっかり魅了されたものですが、実際に運転席に収まってみると自然と背筋が伸び、静かに、スマートに、じっくりと快適なロングツーリングを味わいたくなるクルマに思えました。

車両本体価格は1172万円。試乗車はバング&オルフセンのサウンドシステムやコンフォートパッケージ、マトリクスLEDヘッドライトを含むライトパッケージなど多数のオプションを装着し、1662万円となっておりました。

【 アウディ A8のその他の情報 】
アウディ A8の中古車一覧
アウディ A8のカタログ情報
アウディ A8の買取相場

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します