サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 運転支援充実の新型X3を発売。初期導入は2.0Lのディーゼル&ガソリンから

ここから本文です

運転支援充実の新型X3を発売。初期導入は2.0Lのディーゼル&ガソリンから

BMWは10月19日、3世代目となるミドルクラスSUV(BMWの呼称はSAV)の新型「X3」を発売した。日本では2004年に初代モデルが発売されたX3は、これまでの世界累計販売台数が約150万台というヒットモデル。日本でも全販売台数の約1/3を占めているという。価格は639万円~710万円。

ボディは若干拡大。見た目はキープコンセプト

新型X3のボディサイズは全長4720(先代比+55)×全幅1890(同+10mm)×全高1675mm(同±0)、ホイールベースは2865mm(同+55mm)と若干拡大。エクステリアは基本的にキープコンセプトだが、大型化して立体感を増したキドニーグリルがヘッドライトと離れ、またサイドに配されたエア・ブリーザーなどが新しい。インテリアでは10.25インチのタッチパネル式ディスプレイの採用、クローム加飾のアクセント、センターコンソールに刻まれたX3ロゴなどで個性と上質感をアピールしている。ラゲッジ容量は後席を立てた状態で550L、畳んだ状態で1600Lと先代モデル同様のスペースを確保した。

エンジンは2タイプを設定

エンジンは2.0L 直4ガソリンターボ(最高出力184ps、最大トルク290Nm)と、2.0L 直4ディーゼルターボ(最高出力190ps、最大トルク400Nm)の2タイプを設定。トランスミッションはともに8速ATが組み合わせられる。スタンダードモデルのほかに、それぞれのエンジンに対して主にデザイン面で差別化された「xLine」と「M Sport」の2グレードが設定される。

5シリーズ同様の安全・運転支援機能を装備

ステレオカメラと車両前後のミリ波レーダーで運転をサポートする「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備。高速走行時に車線と前方車両を検知して車線中央を走行しやすいようにサポートし、また渋滞時には停止や再加速も自動で行う「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」をはじめ、隣車線を監視して側面衝突の危険性が高まった場合にステアリング操作に介入して衝突を回避する「アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション」や「後車追突警告」、「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」などの機能が備わっている。

グレード構成と価格

ガソリンモデル
・xDrive20i:639万円
・xDrive20i xLine:684万円
・xDrive20i M Sport:687万円

ディーゼルモデル
・xDrive20d:662万円
・xDrive20d xLine:707万円
・xDrive20d M Sport:710万円
※納車はガソリンモデルが2018年2月以降、ディーゼルモデルが2017年12月以降の予定

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します