サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダeの量産仕様を初公開。日常使いで現実的な航続距離と価格感

ここから本文です

ホンダeの量産仕様を初公開。日常使いで現実的な航続距離と価格感

IAA2019フランクフルトモーターショーに出展した唯一の日本メーカーとなったホンダが発表したのは次世代EV「ホンダe」の量産仕様だ。今春3月のジュネーブショーで発表された同プロトタイプをそのまま量産化したようなスムーズでクリーンなラインで構成されたコンパクトなボディ、ポップアウトドアハンドル、コンパクトクラス初となるサイドカメラミラーシステムの採用などにもプロトタイプとの相違点は見当たらない。インテリアの質感も非常に高く、水平基調のダッシュボードに2枚並べた12.3インチLCDタッチスクリーンを含め計6枚のモニターが連なる景色は圧巻だ。

専用プラットフォームの採用で前後車軸間のフロアー下にバッテリーが収まり、モーターをリアに配置した後輪駆動を採用。モーター出力は100kW(136ps)、または113kW(154ps)の2種類が用意される。35.5kWhのコンパクトなバッテリーを積み、最大220kmの走行が可能だ。気になる発売価格だが、ドイツでの補助金となるエコボーナスを差し引いた状態で3万ユーロを切る2万9470ユーロ(約320万円)と発表された。

LPL主任研究員の人見康平氏は、「僕らは単にEVをつくりたかったのではなく、ケース(階段)を登っていくネクストジェネレーションのスモールカーを解りやすく表現できるクルマをつくりたかった」と言う。「単に航続距離を伸ばすというのであれば、バッテリーを沢山積めばよいのですが、このサイズや重量を維持しつつ、その分バッテリーに掛かるコストを質感の高い内装などに使えれば」との言葉からも、今回のフランクフルトモーターショーで同時に発表された同価格帯となるスモールEVのVW ID.3やミニクーパーSEなどが直接のライバルとなる車を出してきたというわけではなさそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します