サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度

ここから本文です

3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度

3社がOEMする後席スライドドア・ハイトワゴン

11月9日、ダイハツ トール、トヨタ ルーミー/タンク、スバル ジャスティというモデルが3社から同時に発売された。これらはすべてダイハツが企画・開発・生産を担ったモデルで、古い言い方をすれば兄弟車。最近の言い方でいえば、ダイハツがトヨタ、スバルのためにOEM生産しているということになる。ダイハツとトヨタのOEMというと、真っ先にコンパクトカーのパッソ/ブーンを思い出すが、これら4モデルはパッソ/ブーンと同じプラットフォームを使って開発されたハイトワゴンだ。

4モデルと書いたが、メーカーをまたいだモデル構成はなかなか複雑だ。まずダイハツ トールにはトールとトール カスタムがある。例によってカスタムはクロームパーツを多用したフロントマスクになっている。多くの軽自動車と同じ手法だ。トヨタにはルーミーとタンクがあり、それぞれにカスタムが設定されるため、トヨタだけで4つの顔つきが存在する。タンク カスタムはそれほどでもないが、ルーミー カスタムはクローム多めの顔つき。ルーミーがトヨタ店とカローラ店で、タンクがトヨペット店とネッツ店で売られる。

今回の試乗会はダイハツ、トヨタ合同で開催され、なぜかスバルは参加していなかったので実車は確認していないが、画像で見る限り、ジャスティは標準モデルがルーミーと、カスタムがタンク カスタムと同じ顔つきのようだ。リアスタイルは全モデルほぼ同じだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します