サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ハイブリッド車のパイオニア「プリウス」 現行モデルのグレードをチェックする

ここから本文です

ハイブリッド車のパイオニア「プリウス」 現行モデルのグレードをチェックする

4代目は骨格が大きく変わった

carview!ではさまざまなモデルの情報が掲載されていますが、マーケットで人気があるにもかかわらず、なぜか情報の掲載が少なかったモデルもありました。今回は、そんなモデルのひとつであるトヨタ「プリウス」をピックアップします。

1997年12月に発売された初代プリウスは、「21世紀に間に合いました」のキャッチフレーズを伴って登場した、世界初の量産ハイブリッド乗用車。ハイブリッドとは、この場合は「エンジン+モーターという2つの動力源を持っている」という意味です。現在は、2015年12月に発売された第4世代が新車として販売されています。

現行型のプリウスが採用している動力源は、ガソリンエンジンの部分は最高出力98psの1.8L直列4気筒エンジン。これは3代目に搭載されたものと同じ型ですが、燃費をさらに向上させるためのさまざまな工夫がされています。

組み合わされるハイブリッドシステムは、「THS-II」という2代目プリウスから採用されているシステムの進化版で、最高出力72psの電気モーターとニッケル水素電池(E-Fourはリチウムイオン電池)を搭載。これらを複雑に制御することで、開発時の「40.0km/L」という目標燃費を上回る40.8km/Lのカタログ燃費を実現しました。

また4代目プリウスは、トヨタが推進している次世代車両技術「トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャ(TNGA)」を採用した第1号で、ボディの剛性(変形しにくさ)の向上、超高張力鋼板の採用比率拡大、サスペンションの方式変更など、従来型より大幅にレベルアップした点も特徴となっています。

次のページ>>おすすめグレードは中間の「A」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します