サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スズキ 「新型アルト」のグレード選び。価格と装備のバランスがいいのはどれ?

ここから本文です

スズキ 「新型アルト」のグレード選び。価格と装備のバランスがいいのはどれ?

スズキ アルトのおすすめグレードとユーザー評価を見てみる

マイルドハイブリッドを搭載してさらなる低燃費を実現

スズキ「アルト」は、日本を代表する「ベーシックな軽乗用車」として42年にわたって販売されてきた一台。そんなアルトが2021年12月、9代目へとフルモデルチェンジされました。

新型アルトのデザインコンセプトは「気軽」「安心」「愛着」。ベーシックかつオーソドックスなデザインを採用することで「親しみやすさ」を表現しています。とはいえ、丸みを帯びているがスクエアでもある全体のフォルムはなかなか絶妙で、得も言われぬ「今っぽさ」も感じられます。

また全12種類となるカラーバリエーションのうち、4種類は「ホワイト2トーンルーフ仕様」であるという点も、新型アルトのデザインが今っぽく見える理由かもしれません。

インテリアは「毎日乗っても飽きのこないデザイン」を追求。抑揚のある面と線によって各部に立体感が生まれており、ネイビーカラーのトリムも質感の高さを生む一因になっています。そして今回、シートには「あらゆる世代で親しまれている」とスズキが言うデニム調の表皮が採用されました。

室内空間も従来型以上に広くなり、具体的には室内高が45mm拡大され、室内幅も25mm拡大。これにより前後席とも、ヘッドクリアランスやショルダールームのゆとりが増しています。さらに前席は、フロントドア開口部の高さを20mm拡大することで乗降性も改善されました。

スズキ アルトのおすすめグレードとユーザー評価を見てみる

新型アルトはパワーユニットやプラットフォームも最新のものにアップデートされています。

エンジンはすべてノンターボですが、上級グレードには「R06D型」という最新世代のものが採用され、さらにモーター機能付き発電機とリチウムイオンバッテリーからなるマイルドハイブリッド機構も採用。これにより上級グレードのWLTCモード燃費はFF車で27.7km/L、4WD車でも25.7km/Lという良好な数字を実現しています。

下位グレードは従来モデルと同じ「R06A型」というエンジンと、電動アシスト機構「エネチャージ」を搭載。こちらのWLTCモード燃費はFF車が25.2km/L、4WD車が23.5km/Lです。

車両の骨格は先代アルトから導入された「ハーテクト」という新世代の軽量・高剛性なプラットフォームを踏襲していますが、「環状骨格構造」や「柔軟性のあるマスチックシーラー」(剛性や防振性を高める接着剤)等々の新機軸を採用することで、結論として剛性と静粛性の向上が実現されています。

そして当然ながら装備内容も強化されました。インパネにはスマホの充電に便利なUSB電源ソケット2個が設置され、インフォテインメントシステムにはスズキの国内モデルとしては初めて7インチのディスプレイオーディオを採用。このディスプレイオーディオはBluetoothやApple CarPlay、Android Autoといった、スマホとの連携機能を備えており、ナビゲーション使用時にはヘッドアップディスプレイ(※メーカーOP)に交差点案内が表示されます。

安全装備に関しては、6エアバッグは当然として、ステレオカメラ方式の自動緊急ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」や誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能が全車に標準で採用されています。

さらに上級グレードでは、標識認識機能を備えたフルカラーヘッドアップディスプレイや、狭い場所でのすれ違いなどで重宝する「全方位モニター用カメラ」もオプション装備として用意される点が特徴となります。

次のページ>>ライバルと比較すると上級グレードは割安感あり

スズキ アルトのおすすめグレードとユーザー評価を見てみる

スズキ アルトの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します