サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ、NYオートショーでTNGA採用の次期カローラハッチバックを披露

ここから本文です

トヨタ、NYオートショーでTNGA採用の次期カローラハッチバックを披露

トヨタは、3月30日に開幕するニューヨークオートショーにおいて、初夏に日本で発売予定の新型「カローラハッチバック」を出展することを発表し、新型の画像を公開した。

カローラハッチバックは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を用いて開発されたプラットフォームやパワートレイン(2リッター直列4気筒直噴エンジン、ローギア付きCVT/新開発6速MT)によりメカニズムが一新されている。

ニューヨークオートショーで披露されるハッチバックモデルのボディサイズは全長4370mm×全幅1790mm×全高1435mmで、現行モデルに比べ、25mm低く、30mmワイドとすることで、安定感ある低重心フォルムを完成させている。フロントマスクはトヨタデザインの共通言語といえる「キーンルック」を採用し、立体的な造形のなかにスポーティさを感じさせるものに仕上げた。

「センシュアス・ミニマリズム」をコンセプトとしたインテリアは、スッキリ感や上質感をシンプルに表現するもの。前席スポーツシートは、運転しやすく、また乗り心地の良さにもつながるようクッション材を改良するなど見えない部分でも進化させているようだ。

ねじり剛性を60%アップさせたというボディが支えるサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがダブルウィッシュボーン式。TNGAパワートレインとの組み合わせにより、最先端の乗り味を味わうことができるパッケージングとなっているのも注目だ。

先進安全面では、第二世代のプリクラッシュセーフティシステム「トヨタセーフティセンス」を標準装備(北米では初)。夜間の歩行者検知や昼間の自転車検知を可能にした衝突被害軽減ブレーキや、レーダークルーズコントロール使用時のステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト」、カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示するロードサインアシスト(RSA)といった機能を採用した。

新世代カローラの第一弾として登場するカローラハッチバック。トヨタの伝統あるモデルとして、また世界戦略モデルとしてふさわしい進化を遂げているようだ。

※無音映像です

【関連記事】
ニューヨークモーターショー2018特集

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します