サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ゴージャス感増し増し、コンチネンタルGT コンバーチブル登場

ここから本文です

ゴージャス感増し増し、コンチネンタルGT コンバーチブル登場

ルーフを開けても閉めてもそのラグジュアリーさに隙なし

今年創業100周年を迎えたベントレーは、3代目となる新型コンチネンタルGTのオープントップモデル、「コンチネンタルGT コンバーチブル」を日本で初お披露目しました。

4シーターのルーフを覆う優美な電動式ソフトトップは、車速が50km/h以下なら走行中でも操作可能で、19秒で開閉が完了します。ルーフカラーはオーナーの好みによって、7色から選択可能で、英国伝統のツイード模様を現代風に解釈したカラーも初採用。エクステリアカラーも標準で17色、オプションを含めると最大70色が用意され、オーナーは組み合わせに頭を悩ませそうです。

気になる遮音性も向上しており、ルーフの防音材と作動装置の組み合わせを一新。シーリングシステムを改善したことで、ルーフを閉じて巡航した際の室内騒音を、先代モデル比で3デシベルほど低減しているそうです。ルーフを閉じた状態で上下方向に薄く低さを強調するサイドビューは、先代よりもフロントホイールを135mmも前方に配置。長く低くなったノーズと相まって、ラグジュアリーでありながらスポーティーな印象もあり、まさにベントレーの言う“コンバーチブルグランドツアラー”という出で立ちでした。

もちろんコンバーチブルモデルですから、ルーフを開けた時も抜かりはありません。インテリアには職人がその技を惜しげもなくつぎ込んだ最高級品質の天然レザーや、環境に配慮して調達した希少なウッドパネルがあしらわれ、これぞゴージャスといった風情。寒い季節でもゴージャスなインテリアを見せつけるために、積極的にオープンにしたくなりそうです。

冬でも快適なように運転席と助手席には新設計のネックウォーマーがスマートにビルトイン。その強さは3段階に調整可能で、首と肩周辺に暖かな空気を供給します。さらにステアリングはもちろん、ドア側とセンター側の両アームレストにまでヒーターを装備するという入念さで、呆れるほどのホスピタリティを発揮しているのでした。

新型コンチネンタルGTのインテリアのハイライトのひとつである、ダッシュボートセンターの12.3インチの高性能タッチスクリーンが回転し、3つのアナログメーターとシンプルなウッドパネルに切り替わる「Bentleyローテーションディスプレイ」も搭載。無粋なナビゲーション表示を隠して、アナログメーターの針の動きを目の端に捉えつつ、見知らぬ道を走ってみるというのも粋な使い方かもしれません。

次のページ>>クーペに劣らぬ運動性能を発揮。ベンテイガには10台限定特別仕様車も

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します