サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型GR 86とBRZ日本仕様が初公開される。2.4Lエンジンにインナーフレームボディ、アイサイトなど話題が満載

ここから本文です

新型GR 86とBRZ日本仕様が初公開される。2.4Lエンジンにインナーフレームボディ、アイサイトなど話題が満載

SGP譲りのインナーフレーム構造で剛性も大幅アップ

4月5日、トヨタGAZOOレーシング(以下TGR)とスバルが2世代目となる姉妹スポーツカーの「GR 86」と「BRZ」(日本仕様)を初公開しました。今回も共同開発ですが、86はトヨタブランドではなく、新たにTGRブランドのスポーツカーシリーズ第3弾として位置づけられています。発売はBRZが2021年夏、GR 86が2021年秋。今回はメディア向け撮影会の撮りおろしフォトを中心に、現時点で発表された内容をまとめます。

ボディサイズはほとんど変わりませんが、内外装は一新されました。初代から引き継ぐプラットフォームにも、設計を担当したスバルの知見が加わった結果、インナーフレーム構造や構造接着剤が採用され、剛性や応答性、トラクションが向上しているとのこと。エンジンフードに加えて、今回はルーフパネルやフロントフェンダーもアルミ製です。

トヨタが担当したベースデザインは初代の正常進化版と言えるもの。GR 86とBRZの違いはフロントバンパーの造形やライトの意匠程度ですが、意外なほど雰囲気に違いを感じます。タイヤは215/40R18のミシュラン パイロット スポーツ 4が採用されました。

エンジンは初代から400cc排気量を拡大した新型の2.4L水平対向4気筒(235ps/250Nm)で、初代から出力が28ps、トルクが38Nm向上し、滑らかな吹け上がりも実現しているとのこと。スポーツ走行を検知して最適な制御をするなど、6速ATも進化しています。

“86がTGRブランドに移ったことで、新型ではGR 86とBRZの走りのキャラクターの違いがより明確になった”という情報も注目で、ざっくり言うとGR 86はTGRブランドならではのスポーツ性が追求され、BRZはスポーツ性に加えて走りの質感が高められているとのこと。試乗レポートが楽しみです。

新型も手ごろな価格で登場か? アイサイト装備のAT車も注目

6速ATモデルはアイサイトが標準装備されるというのも新型のトピック。レーンキープはしませんが、第3世代アイサイトのカメラを使い、全車速追従ACCも実現(ただし、サイドブレーキは手動式なので、ブレーキの保持時間は数秒と短め)。初代では2割程度だったAT車の比率も上がりそうです。

また、内装では7インチTFT液晶を使ったデジタルメーターを採用。初代の質素な内装と比べると、全体の質感は現代のスポーツカーらしいものになりました。

最後に、発表時までお預けとなった価格ですが、初代オーナーの代替えも意識したリーズナブルさを感じられるものになるとのこと。排気量アップや、高められた内外装の質感、現代のスポーツカーとして必要な諸装備を考えると据え置きとは行かないでしょうが、庶民に手の届く本格スポーツカーという初代のコンセプトも引き継がれることになりそうです。

次のページ>>スペック

このページの写真:GR 86

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します