サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 2.5Lターボを積む北米版「マツダCX-30」は完成度やパワフルさに魅力あり。課題はブランド力

ここから本文です

2.5Lターボを積む北米版「マツダCX-30」は完成度やパワフルさに魅力あり。課題はブランド力

北米でマツダ3に設定されたのと同じ2.5Lターボを搭載

2020年のアメリカにおけるマツダの年間総販売台数は27万9076台で、コロナ禍にも関わらず2019年と比べて0.2%の増加となった。この牽引役となったのはクロスオーバーSUVで、「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-9」の合計で前年比11%増の22万0457台が販売され、内訳ではCX-5(14万6420台)に次いでCX-30(3万8064台)が続いている。

元々北米で販売されているコンパクトクロスオーバーSUVにはCX-30のようにスタイリッシュでプレミアムなクルマは少なく、マツダは良いところを突いたと言えよう。ただし、マツダは他の日本メーカー、例えば約61万台を販売したスバルと比べてみると販売台数は半分にも届かない。一方、ヨーロッパ、特にドイツではマツダは2020年に4万4346台を販売、スバルは5407台と立場は逆転する。アメリカでも大人気の「マツダ ロードスター」の存在がありながら、そのブランド力が販売台数に結びつかないのはなぜだろうか? そんな疑問を感じながら今回のインプレッションが始まった。

CX-30の全長は4395mmと、コンパクトSUVの中ではやや長いが、高さは1540mmと低く、シルエットはスポーティな印象を受ける。プレスラインやメッキなど加飾を抑えた外装デザインは高品質かつヨーロッパ調で、数なくとも私は好感を持った。

「CX-30 2.5 ターボ」に搭載されるエンジンは「マツダ3 2.5ターボ」にも搭載される2.5L直列4気筒で、93オクタン以上で最高出力250PSと最大トルク434Nm、87オクタンでは227PSと420Nmを発生する。これはアメリカのカントリーサイドの給油所では必ずしもハイオクが用意されているとは限らないことに起因する処置、あるいは、最初からレギュラーしか給油しないオーナーの存在も考慮しているのかもしれない。トランスミッションは6速ATで4輪を駆動、最高速度は約203km/hでリミッターが介入する。

試乗車は最高グレードの「プレミアム プラス パッケージ」で、渋滞アシストや360度モニターなどのドライバーアシストが装備されている。

ホールド感も掛け心地も良好なシートに腰を下ろし、周囲を見回すがわずかに高くなった良好なドライビングポジション以外に、マツダ3とキャビン周りの大きな変化はない。駐車場を出て、狭いドライブウェイを通過する時には360度のサラウンドビューは非常に便利だった。ただ、リバースギアからDレンジを選択して前進する時に、自動的にフロントカメラに切り替わらなかったのはちょっと意外だった。北米マツダのエンジニアは「勝手に切り替わってしまうのはまぎわらしい! と言う意見があったから変更した」と説明があったが、他のメーカー(特にドイツ系)のほとんどが自動的に切り替わるシステムを採用しているのだから、ここは追従してほしいところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します