サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > DS3クロスバックは個性的デザインと走り味でドイツ車にはないフランス流の世界を見せる

ここから本文です

DS3クロスバックは個性的デザインと走り味でドイツ車にはないフランス流の世界を見せる

エクステリアよりインテリアがブッ飛んでいる

フランスPSAグループのプレミアムブランド、DSのコンパクトSUV「DS3クロスバック」に編集がショート試乗しました。「アウディ Q2」「ミニクロスオーバー」「ボルボ XC40」「BMW X1/2」、国産ブランドだと「レクサス UX」などがライバルでしょうか。

ボディサイズが全長4120×全幅1790×全高1550mmと、日本の立体駐車場事情にピッタリと言えそうなDS3 クロスバック。個性的と評されるエクステリアは、実車を前にするとそれほど奇抜な印象はありません。ディテールは凝っているけど、センスありという感じで、ミニと迷うのも納得です。キーを持って近づくとポップアップするドアハンドルも自慢したくなります。

一方、インテリアはアヴァンギャルドという表現以外は思いつきません。まずはエアコン吹き出し口、メーター、ハンドル、スイッチやボタン類に至るまで徹底して“ひし形”が使われているのに目を奪われることに。配置に慣れるまで少し時間がほしい感じです。小さな液晶に情報が詰め込まれたメーターもデザイン優先な印象ですが、使ってみると上手くまとめられていて、不満はありません。

PSA広報のMさんによれば、ファッションやデザイン、建築などクリエイティブ分野の人は、内装にぜんぜん驚かないんだとか。編集的にはちょっと信じられませんでしたが、ふだん我々自動車メディアがいかにベタなセンスなのかということかも? 見慣れてくると、今度はカッパー色のダッシュパネルの革シボや、メッキ部やシート地などの質感が高いなと思ったりもしました。

次のページ>>山道を走ってみたくなる自然なコーナリング

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します