サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型トヨタ ミライはクラウンHV並みの価格。来年はハンズオフできるモデルも発売

ここから本文です

新型トヨタ ミライはクラウンHV並みの価格。来年はハンズオフできるモデルも発売

クラウンも使う車台、クラウンを超えるボディサイズ

12月9日、フルモデルチェンジした水素燃料電池車(FCV)の「トヨタ ミライ(MIRAI)」が発売されました。

新型ミライは、世界初の量産燃料電池車という初代のポジションから一歩進んで、販売台数の拡大の原動力となる商品性を高めるため、“トヨタ最上級セダン”に格上げされています。「クラウン」も使う上級セダン用のFRプラットフォームのGA-Lを採用し、燃料電池システムも第2世代に一新。ボディサイズはクラウンを超える4975(+85)×1885(+70)×1470(-65)mm、ホイールベース2920(+140)mmとなり、乗車定員も1名増えて一般的な5名乗りとなっています。※カッコ内は初代ミライ比

これに合わせて駆動方式もFF(前輪駆動)から高級セダンのスタンダードであるFR(後輪駆動)に変更。燃費が10%向上、水素搭載量が20%増大したことなどから航続距離は約850(+200)kmと大幅に伸びました。静粛性や乗り心地、50:50の理想的な前後重量配分や19/20インチタイヤがもたらす走行性能の高さでも自信をのぞかせます。

2021年にはハンズオフ機能も導入予定

内装では12.3インチのタッチ式センターディスプレイや8インチのデジタルメーターを標準装備。最高級モデルらしく先進運転支援機能も最新世代のもので、ACC作動時はカーブでの速度を調整、全自動の駐車アシスト(アドバンストパーク)も上位グレードに標準装備されます。また、2021年発売モデルでは自動車専用道路でのハンズオフ機能(アドバンスドドライブ)を装備したモデルも発売予定となっています。

グレードはGとZの2種類で、それぞれに後席の快適性にこだわったエグゼクティブパッケージが設定されるほか、廉価なGには駐車場操作を支援するアドバンストパークなどを装備したAパッケージも設定されます。

クラウンハイブリッドとほぼ重なる価格

G …………………………………………710万円
G“Aパッケージ” ………………………735万円
G“エグゼクティブパッケージ” ………755万円
Z …………………………………………790万円
Z“エグゼクティブパッケージ” ………805万円

ここからエコカー減税、環境性能割、グリーン化特例、CEV補助金の優遇額140万円前後が減額されるため、実質的な車両価格はベースグレードの「G」で570万4300円、最上級グレードの「Z」エグゼクティブパッケージで663万1000円。トヨタの最上級セダン「クラウン」のハイブリッドグレードとかぶる価格ゾーンとなりそうです。(※クラウンハイブリッドも20万円前後の優遇があります)

社会に浸透させる=売れるクルマを目指して価格や商品性を高めた新型ミライ。残るはインフラとなる水素ステーションが増えることですが、現在は全国で135箇所(10月のデータ)と、ガソリンスタンド数の0.5%未満。近隣に水素スタンドがある幸運なユーザーを除くと、先代に引き続き、まずは官公庁や企業などがイメージ優先で導入するケースで広まっていくと思われます。

次のページ>>スペック例

このページの写真:Z

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します