サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 大人気のトヨタ「カローラ クロス」 中間グレード「S」以上をチョイスすると満足度が高そう

ここから本文です

大人気のトヨタ「カローラ クロス」 中間グレード「S」以上をチョイスすると満足度が高そう

歴史あるカローラシリーズ初のSUVとして登場

トヨタ「カローラ クロス」は、50年以上にわたる歴史を持つカローラシリーズとしては初のSUVとして2021年9月に発売されました。

プラットフォームは他の現行型カローラシリーズと同じ「GA-Cプラットフォーム」で、そこに全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mmのホディが組み合わせられています。カローラシリーズとしては唯一の「全幅1800mm超」ですが、ボディの見切りが良いことに加えて最小回転半径も5.2mと小さいため、狭い都市部であっても比較的スイスイ走ることができます。

インテリアの質感は、後述する車両プライスの影響で決して高いとはいえませんが、特に大きな不満が出るレベルではなく、車内もまずまずの広さを備えています。

同じプラットフォームを使ったクロスオーバーSUV、トヨタ「C-HR」はあまりにもデザイン優先だったせいか、後席の着座姿勢や開放感は今ひとつでした。しかしカローラ クロスは、コンパクトSUVでありながら、後席にも成人男性2人が普通に座れる作りとなっています。

荷室容量も5人乗車時で487Lと十分で、荷室開口部の下端は地面から720mmと低めに設定されているため、ラゲッジルームの使い勝手も良好です。

用意されるパワーユニットは、最高出力140psの1.8L直4ガソリンエンジンと、同98psの1.8Lエンジンに同72psのフロントモーターを組み合わせたハイブリッドの2種類。ガソリン車の駆動方式はFFのみですが、ハイブリッド車には最高出力7.2psの独立式リアモーターを搭載した4WD(E-Four)もラインナップされています。

WLTCモード燃費はガソリン車が14.4km/Lで、ハイブリッド車は26.2km/L。ガソリン車の燃費はクラス標準といったところですが、ハイブリッドのほうはさすがの低燃費です。

運転支援システムに関しても抜かりはなく、「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備。交差点での対向直進車の検知等には残念ながら対応していませんが、自転車(昼間)や歩行者(昼夜)も検知可能なプリクラッシュセーフティとレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)、レーントレーシングアシスト、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストなどは普通に備わっています。またパーキングサポートブレーキとバックガイドモニターも、ガソリン車の最廉価グレード以外の全車に標準装備です。

次のページ>>ハイブリッドorガソリンエンジンの選択が悩ましい

トヨタ カローラ クロスのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

トヨタ カローラ クロス ハイブリッドのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

トヨタ カローラ クロスの買取相場は?

トヨタ カローラ クロス ハイブリッドの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します