サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ホンダ N-BOXはニトリ的ステキさで非自動車マニアを惹きつける有力国民車候補

ここから本文です

ホンダ N-BOXはニトリ的ステキさで非自動車マニアを惹きつける有力国民車候補

ノンターボの最量販グレードを調査

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第7回目。今回の調査対象は日本でいちばん売れている車、すなわち「まさに国民車!」と言える存在の軽自動車「ホンダ N-BOX」である。
>>国民車とは?

日本でいちばん売れている車というと、「さあ、日本一に乗ろう。」という広告コピーでおなじみの日産ノートを思い浮かべる人もいるかもしれない。だがアレは登録車(軽自動車ではない普通の車)のなかでの販売台数No.1であって、軽自動車も含めた「無差別級日本一」はホンダN-BOXなのだ。

2018年上半期の車名別販売ランキングを見ると、日産ノートの7万3380台に対してホンダN-BOXは12万7548台。さすがにダブルスコアではないが、それに近いレベルでノート以上に売れまくっているホンダ N-BOXという軽トールワゴン。いや、最近は「軽スーパーハイトワゴン」と呼ぶのだろうか?

そのあたりの事情は寡聞にして存じ上げないが、いずれにせよN-BOXの何がそんなに実用大衆車として素晴らしいのか、あるいはイマイチなのか? 全日本国民車評議会(通称・国民車会議)としての視点で改めて検証してみたい。

星の数ほどの(?)タイプやグレード、仕様があるN-BOXだが、今回調査対象に選んだのはノンターボの「G・L Honda SENSING」という売れ筋グレード。carview!の記事を熱心に読み込んでいるカーマニア諸兄はターボ付きのほうがお好きかもしれないし、筆者も、もしもN-BOXを買うのであればターボ付きにする可能性は高い。

だが今、世の中の大勢のマインドは「そんなに飛ばさないし、ターボなんて高いし」である。であるならば、ここはノンターボを調査してみるのがおそらくは正解で、そのなかでもG・L Honda SENSINGは最量販グレード。これこそが今、ニッポンのど真ん中なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します