サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スバルWRX STIタイプRA-Rは希に見る刺激を持つも操縦性にやや難ありか

ここから本文です

スバルWRX STIタイプRA-Rは希に見る刺激を持つも操縦性にやや難ありか

スバルWRX STIタイプRA-Rは希に見る刺激を持つも操縦性にやや難ありか

スバルWRX STIタイプRA-R

軽量化しながらコストダウンが裏テーマ

スバル WRXの500台限定モデルである「STI タイプ RA-R」を群馬サイクルスポーツセンター(通称:グンサイ)で試乗した。

まず断っておかねばならないのはこれが即日完売してしまったこと。やはり限定車であった「S208」が一番安いモデルでも税込みで626万4000円、最上級モデルの「NBR チャレンジパッケージ カーボンリヤウィング」では710万6400円と国産スポーツモデルとしては超高額なプライスとなってしまったことから、「なんとか500万円を切る価格で登場させたかった」というSTI開発陣の熱意が通じたわけだが、それにしても499万8240円もするクルマがあっという間に完売したというのだから驚いた。

そんな「RA-R」の特徴はというと、まず軽量化への徹底した姿勢が挙げられる。それはインプレッサ時代(2010年)に軽量モデルであるスペックCをベースに仕立てられた「R205」と同じ文法であり、「RA-R」クレジットとしては2007年以来の復活となる。

では実際にどれほどの軽量化がなされたのかというと、その車重は標準仕様のWRXに対して-10kg、限定モデルであったS208と比較して-30kgとなっている。つまり軽量化をひとつの理由として、より買いやすいコンプリートモデルをデリバリーすることが、今回の裏テーマだったとボクは推測している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します