サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産、イタルデザインとコラボした「GT-R50」を公開へ 市販化の可能性も

ここから本文です

日産、イタルデザインとコラボした「GT-R50」を公開へ 市販化の可能性も

日産自動車がイタリアのカロッツェリア、イタルデザインと手を組み、共同開発したプロトタイプ「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開した。このプロトタイプは、GT-Rとイタルデザインの50周年を記念して制作されたもの。なお、日産自動車とイタルデザインを手を組むのは今回が初となる。

カロッツェリアとは、イタリア語で馬車工房を意味するもの。モビリティが馬車から自動車へと進化してからは、カロッツェリアは自動車メーカーが製造したシャシー及びパワートレインに載せるボディのデザイン・製造を行なっていた。その後は、そのノウハウをカーデザインの分野で発揮するようになり、自動車メーカーの下請けやコラボレーションを主体として発展してきた。イタルデザインもそうしたカロッツェリアのひとつ。現在はフォルクスワーゲンの傘下に収まっているが、独立したデザイン組織として、今回のように他メーカーとの協業も行なっている。

GT-R50はGT-R NISMOの2018年モデルをベースに、イタルデザインがプロトタイプの開発、設計、製造を手がけ、内装・外装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当したという。

デザインについては、全体にGT-Rの面影を残しながらも、ボディパネルは全面的に手が入れられ、シャープなラインが際立ったものとなっている。ルーフは54mm短くされ、さらに中央部をやや低くしたフォルムが特徴。曲面を持つリアフェンダーやエッジを効かせたデザイン処理もベース車と異なる部分。さらに内外装の随所に大胆なゴールドの配色を用いたのも興味深いところだ。

GT-R50は、パワートレインにも手が入れられている。こちらは日産によるモータースポーツGT3カテゴリーへの参戦経験が生かされているとのこと。手作業で組み立てたエンジンは、最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する。このほかドライブトレーン各部の強化やシャシーチューニングも行ない、全体にパフォーマンスアップが図られている。

なお、GT-R50は7月12日に英国チェスターで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、世界へ向けてデビューすることを日産が明らかにしている。また将来的に台数限定で生産する可能性にも言及しており、今後の動向にも注目していきたいところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します