サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる

ここから本文です

高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる

高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる

※資料:警察庁交通局

高齢者と若者ドライバーの死亡事故は確かに多い

高齢者が関係する交通事故がテレビのニュースやワイドショーで多く取り上げられています。はたして高齢者の事故がどれくらいの頻度で起きているのか? データを調べてみました。参考にしたのは警察庁交通局の発行した「平成29年における交通死亡事故の特徴等について」という資料です。

この資料のなかに「高齢運転者による死亡事故に係る分析について」という項目があります。免許人口10万人あたりに対する年齢層別の死亡事故件数というデータを見ると85歳以上が14.6人と非常に多く、80~84歳が9.2人、75~79歳が5.7人と75歳を過ぎると多くなる傾向が見られます。また16~19歳も11.4人と多くなっています。このデータだけを見る限り、なるほどたしかに高齢者だけでなく、未熟と言える若年層の事故も多いのだとわかります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します