サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 現行D:5ラストスパート! 今だからこそ“デリカらしさ”を感じる

ここから本文です

現行D:5ラストスパート! 今だからこそ“デリカらしさ”を感じる

今年で誕生50周年を迎えた三菱「デリカ」シリーズ。デリカの名前の由来は「デリバリーカー」だそうで、ルーツをたどると1968年に発売された600kg積みのトラックでした。現行型となる「デリカD:5」はデリカシリーズの5代目で、登場は2007年となんと今年で11年目を迎えたロングライフモデルです。巷では今年後半あたりには新型が出るというウワサが流れており、今年がラストスパートとなりそうな現行デリカD:5をあらためてチェックしてみました。

今回ご紹介するモデルは今年4月に一部改良を受け、それに合わせて発売された「ジャスパー」という特別仕様車です。一部改良されたのは11年目にして初のエクステリア変更となった、大型化されたフロントバンパー。これは歩行者保護規制を受けて変更となったもので、言ってしまえばそうせざるを得なかったものですが、ボリューム感がアップしたことでSUVらしさが増した印象です。ジャスパーではそれに加えてディープシーグリーンマイカという専用色を設定。エクステエリアでは専用のデカールやメッキ加飾されたフォグランプベゼル、ミラー、ドアハンドルなどが特徴となっています。

インテリアはジャスパーの特別装備として、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション、ピアノブラックのアッパーグローブボックスに専用のデカール、同じくピアノブラックのパワーウインドウスイッチパネル、運転席パワーシート、専用の撥水機能付きのシート生地となるスエード調人工皮革(グランリュクス)などが標準で装備されています。D:5のインテリアは、今でもそこまで古さを感じさせないスッキリとしたエクステリアと比較するとやや経年を感じますが、インパネ周辺などは操作系がシンプルにデザインされていることで使い勝手が良く、初めて乗っても操作に迷うことはありませんでした。居住空間は5ナンバーに縛られないゆとり(車幅1795mm)を感じることができます。特に三列目シートは前後方向も窮屈さを感じず、長距離でも問題なく使用できそうです。ただしこの三列目シート、格納操作が最新のミニバンと比較して重たく、女性によっては格納が難しいかもしれません。このあたりは新型で良くなってくれることを期待したいですね。

ハンドル下のノブをひねるタイプのスターターをひねりエンジン始動すると、音質はまさにトラックのそれで、カラカラとたくましいディーゼルエンジン音を響かせます。なんだかそこにデリカ感を感じたりするのは懐古主義かなと思いつつアクセルを踏み込むと、ややラグを感じさせてからディーゼルサウンドと共に力強く加速します。さらに踏み込めば太いトルクが湧き上がり、2トン弱あるボディをグイグイと加速させます。ブレーキはしっかりしたもので、なかなかの効き心地です。ステアリングはやや重めですが、反応は素直で切り足した分もしっかり曲がってくれます。乗り心地は入力のやさしいゆったりとしたもので、直進安定性もよいので長時間の乗車も快適に過ごせるのではないでしょうか。

細部に年代を感じさせる部分はあるものの、走りは素直で乗り心地も良好。ボクシーでミリタリー風のデザイン、大型化されたフロントバンパーなど「往年の三菱らしさ」が随所に感じられる11年目のデリカには、現行最新ミニバンには無い魅力があるかもしれません。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します