サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > CLAシューティングブレークにメルセデスAMGによる高性能版を追加

ここから本文です

CLAシューティングブレークにメルセデスAMGによる高性能版を追加

独メルセデス・ベンツは、Cセグメントのステーションワゴン「CLAシューティングブレーク」のラインナップに、メルセデスAMGによる高性能版「CLA35 4MATICシューティングブレーク」を追加し、発表した。

CLAシューティングブレークは、4ドアクーペの「CLA」をベースにルーフを延長し、流麗なワゴンボディが与えられた派生モデル。搭載されるパワーユニットは基本的にCLAと共通のため、クーペには設定のある高性能バージョン「CLA35 4MATIC」の登場が期待されていた。

そしてついに登場したCLA35 4MATICシューティングブレークは、クーペ同様、2リッターターボユニット(306馬力/400Nm)を搭載し、7速DCTを介して4輪を駆動。0-100km/h加速は4.9秒、最高速は250km/h(リミッター制御)と、4ドアクーペと同様のパフォーマンスを獲得している。

目に見えない部分にも手が入っており、フロントまわりではエンジン下部にアルミニウム製プレートがボルト留めされたほか、アンダーボディには斜め方向のブレースが追加された。これらにより、ターンイン時の挙動がより精緻になり、ステアリングへのフィードバックも向上しているという。そのほか強化されたブレーキやアダプティブダンピングシステム「AMG RIDE CONTROL」も装備する。

エクステリアでは、テールゲートに取り付けられたルーフスポイラーと2本出しエキゾーストが、ワゴンならではのスポーティなリアビューを印象づける。さらに、ボディ各所をブラックカラーで引き締める「AMGナイトパッケージ」や「AMGエアロダイナミクスパッケージ」もオプションで用意される。

パワフルなAMGユニットに加え、荷室のキャパシティでも有利なワゴンボディを身に付けたCLA35 4MATICシューティングブレーク。日本への導入を楽しみに待ちたい。