サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フォードGTの真の実力を追求しパフォーマンスを極限まで高めた「フォードGT MKII」が公開

ここから本文です

フォードGTの真の実力を追求しパフォーマンスを極限まで高めた「フォードGT MKII」が公開

米フォードモーターは7月4日、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、フォードGTのサーキット専用マシン「フォードGT MKII」を公開した。

伝統ある英国のカーイベント、グッドウッドでアンベールされたフォードGT MKIIは、FIA世界耐久選手権やIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権で活躍する「フォードGT レースカー」をベースに、レースサプライヤーのマルチマチックとのコラボで開発されたもの。

ロードカー、レースカーに続くこのフォードGTシリーズ3番目のモデルの主眼は、法規やレースレギュレーションによる制約を一切取り払い、フォードGTのパフォーマンスを極限まで高めた点にある。フォードによれば、各種レギュレーションの影響でレースカーの出力はロードカーに比べ150馬力もダウンしており、熱心なファンからの「フォードGTの真の実力を知りたい」との要望に応える必要があったという。

結果、完成したフォードGT MKIIは、空力、ウェイト、シャシー性能、エンジンパワーまで全方位が強化されたモンスターマシンに仕上がった。リアにはレースカーを凌ぐ大型リアウイングを装備しベースモデル比400%増のダウンフォースを稼ぐ一方、フロントにも新型のレーシングスプリッターやディフューザーが奢られ、空力バランスに整合を取っている。また、車高調整システムやドライブモード選択システム等が取り払われたことで、ロードカーに比べ90kg超の軽量化を達成し、あわせて減衰力調整式ショックアブソーバーの採用と低められた車高により、ハンドリング性能の向上も図られている。

パワーユニットは変わらず3.5リッター エコブーストとなるが、各種のくびきを解かれたことで最高出力は700馬力にまで高められている。増大したパワーを受け止めるブレーキはロードカーと同じくカーボンセラミック製の大径タイプだ。

わずか45台の生産台数からも将来的にコレクターズアイテムとなる可能性が高いフォードGT MKII。注目の価格は120万ドル(約1.3億円)と発表されている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します