サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ポルシェも惚れ込む1914馬力、3億円超えのEVスーパーカー「リマック ネヴェーラ」のとんでもない実力とは?

ここから本文です

ポルシェも惚れ込む1914馬力、3億円超えのEVスーパーカー「リマック ネヴェーラ」のとんでもない実力とは?

150台限定で3億円オーバー。レベル3自動運転も想定

リマックのチーフテスターがサイドウインドウからローンチコントロールの方法を再確認してくれる。大きく深呼吸をしてスターターボタンを押すと1.4メガワットの高エネルギーが各部に流れるようなヒューンという電子音が耳に届く。

左足でブレーキペダルを押さえつけながらドライブペダルを踏み込みとむと、電気エネルギーはおよそ2.2トンの車体をまるで重力で落下するかのように加速させる。スピードメーターはコマ落とし画面のように100km/h、160km/h、200km/h、250km/hと数字が増加し、その加速は300km/h近くになっても一向に衰えない。やがて前方に滑走路の端が見えてきたので、念のために310km/hを超えたあたりで速度を緩めると、今度は300KW の回生力でブレーキングが始まるがクルマの姿勢は全く安定している。直前まで、アクセルペダル操作に対する加速には余裕があったので、ネヴェーラの最高速度は間違いなく400km/hを超えるだろう。

加速テストを終えて一般公道でのハンドリング・テストを始める前に、メカニックがタイヤをチェックしてくれている間、これまでのスーパースポーツカーならオイルの焼けた匂いや、エグゾーストパイプ/マフラーからチリチリという熱が発散する音、あるいはゴムの焼けた臭いが漂ってくるが、ネヴェーラでは何も起こらない。

すべて異常なしとの事で飛行場を後にして一般道路へ入る。このハイパーEVスポーツカーはハンドリングの面でも新分野を開拓したと言える。前後左右のパワーバランスは運転や路面状況によって瞬時に最適化される。それはコーナリング中に明らかで、一輪がわずか一瞬でもスリップすると後部に搭載されているコンピューターが素早く状況を計算して、最適のトルクをその車輪に与えバランスを修正する。

その結果ネヴェーラは何事もなかったかのように、文字通りオンザレールの安定した姿勢

で連続するカーブをクリアして行く。ドライブモードをコンフォートにするとLMP1ルマンカー並みに高い剛性のカーボン製ボディは意外なほどに快適な乗り心地を提供する。

また時速50kmに制限された村を大人しく通過するのも全く問題ない。問題があるとすればその強烈な加速力のために、どこでも、あっという間に想像を超えた速度に達してしまうことで、速度標識に注意していないと免許がいくつあっても足りない。しかし、このネヴェーラには間もなく13個のカメラと12個の超音波センサー、そして6基のレーダーによるレベル3のセミ自動運転が可能になるという。このシステムは世界中のサーキット情報も収録され、オーナーはそこでAIによるドライブトレーニングを受けることもできるのだ。

このまさに夢のクルマの価格は240万ユーロ(約3億1700万円)で、年産50台の予定で150台が限定生産されるが、主にアメリカ、ヨーロッパ、アラブ首長国連邦などから問い合わせが届いておりり、予約リストは徐々に埋まっているという。可処分所得に余裕のある方は一度、https://www.rimac-automobili.comを覗いてみるのも良いかも知れない。

レポート:T.Geiger/YK/Kimura Office

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します