サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ポルシェも惚れ込む1914馬力、3億円超えのEVスーパーカー「リマック ネヴェーラ」のとんでもない実力とは?

ここから本文です

ポルシェも惚れ込む1914馬力、3億円超えのEVスーパーカー「リマック ネヴェーラ」のとんでもない実力とは?

1914馬力、2360Nm、500kW急速充電対応などすべてが規格外

電気自動車のスタートアップはアメリカのシリコンバレーか中国の深圳(シンセン)かと思っていたが、いま世界でもっとも注目を集めている企業はバルカン半島のクロアチア共和国ザグレブ郊外にあった。2009年に創業した「リマック・アウトモビリ」で、あのポルシェが出資するほか(ポルシェは増資も検討中)、ブガッティを買収するのではという噂も出ているほどだ。

そのリマックが6月1日に発表したハイパーEVスポーツカー「ネヴェーラ」は最高速度412km/h、0-100km/h1.85秒、300kmまで9.3秒で到達するモンスターだ。これを可能にしているのはフロントに2基(それぞれ最大出力200kW、最大トルク280Nm)、リアに2基(500kW、900Nm)、合計4基の電気モーターで、システム出力は1914馬力、最大トルク2360Nmを発生する。

搭載されるバッテリーは120kWhの容量をもち、なんと最大で500kWの充電能力を持つ。ちなみにこんな性能の急速充電器は少なくとも街中には存在ない。もしこのシステムが存在すれば20分で80%の充電が可能になる。

レポーターはこのハイパースポーツカーに試乗するためにザグレブ郊外の飛行場にやってきた。迎えてくれたリマックの創立者でオーナー社長のメイト・リマックは気さくで、“バルカン半島のイーロン・マスク”という名声に戸惑っている感じだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します