サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スープラの全体感を編集がチェック。ケイマン、アルピーヌなどライバルは手強い

ここから本文です

スープラの全体感を編集がチェック。ケイマン、アルピーヌなどライバルは手強い

独特のハンドリングは一長一短?

走り出してみると、全体的に硬質ではありますが当たりはソフトというモダンな乗り心地です。ショートホイールベースの影響なのか、タウンスピードでは割と上下に揺れる印象。さらには路面が粗い場所でのロードノイズもやや大きめです。スポーツカーだしこういうものかな? なんて勝手に納得しつつ、高速道路に乗りアクセルをワイドオープンすると…

なんという快音! こんな風にエンジン音が聞こえてきたら気持ちいいよね? を体現しましたと言わんばかりの聴き応えあるエンジン音が車内に響き渡ります。これだけでもRZを選ぶ価値があるかもしれません。パワー感はべらぼうに速いという感じではなく、割と目が追いついて行けるくらいの加速感で、扱いやすく安心感がありました。

ドライブモードを「スポーツ」に変更すると、ステアリングは重みを増し、ギアはいつでも加速できるようにスタンバイ。アクセルを軽く踏み込んでもグイグイっと前に出ます。もちろんサスペンションも踏ん張りが効きだして、いかにもスポーツカーといった具合になります。この変化はなかなか楽しいものなので、欲を言えばセンターコンソールにしかないモード変更スイッチをステアリングにも設置すれば、ここぞという時に使えそうな気がしました。

ハンドリングは少しクセがある印象で、電子制御サスは良くも悪くも人工的なコーナリングをします。もしハイスピードでコーナーに突っ込んでいったとしても、何事もなくズバッと曲がってしまいそう。これはどこで破綻するかわからないとも言え、逆に怖さを感じました。それくらいよく曲がります。ちなみに、以前ベースグレードの「SZ」に試乗しましたが、RZと違ってスピードを上げていくと少しずつテールがスライドするという、挙動のつかみやすいものでした。コーナリングスピードの高いRZを取るか、好みが分かれそうなところです。

次のページ>>ライバルもなかなか魅力的

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します