サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型インサイト発売 オーソドックスにまとめられたが大きさと価格が気になる

ここから本文です

新型インサイト発売 オーソドックスにまとめられたが大きさと価格が気になる

ホンダは新型ハイブリッドセダン「インサイト」を12月14日(金)から発売します。3代目となる新型「インサイト」は現行シビックと共通のプラットフォームを採用し、ボディサイズは全長4675mm×全幅1820mm×全高1410mmと3ナンバーボディ化。スタイルはシックスライトウィンドウを持つファストバックスタイルで先代の面影は一切なく、ハッチバックを持たないスタンダードなセダンボディとなりました。価格は「LX」が326万1600円、「EX」が349万9200円から。

パワートレーンは発電用と走行用の2つのモーターを持つハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」を採用し、エンジンは1.5L 直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンを搭載。エンジンの最高出力は109PS/6000rpm、最大トルクは134Nm/5000rpm。走行用モーターは同131PS/4000-8000rpm、同267Nm/0-3000rpmを発揮します。

同じ「スポーツハイブリッド i-MMD」を採用する「アコード」では、「IPU(インテリジェントパワーユニット)」と呼ばれるバッテリーと制御装置が一体になった部品が後席背もたれ付近に設置されていたため、トランクスルー構造にできませんでしたが、新型「インサイト」では「IPU」を小型化し後席座面下に移動させトランクスルー構造を実現。ガソリンエンジン車とほとんど変わらない荷室空間を確保しています。

ホンダの安全運転支援システム「ホンダ センシング」は全グレード標準装備。「衝突軽減ブレーキ」、「誤発進抑制機能(後方含む)」、「歩行者事故低減ステアリング」、「路外逸脱抑制機能」、「渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「LKAS(車線維持支援システム)」、「オートハイビーム」など今どきの先進安全技術の多くを搭載しています。

先代の2代目インサイトはプリウスの後塵を拝し、最終的には生産終了にまで追いやられてしまいましたが、新型はどう立ち向かうのか? 燃費はプリウス(S)が37.2km/Lなのに対し、インサイト(LX)は34.2km/L(いずれもJC08モード)と、燃費で戦う気無しといったところでしょうか。 気になるのはボディサイズと価格。インサイトの全幅は1820mm、プリウスは1760mm。価格はインサイトのベースモデルが326万1600円で、プリウスのベースモデルが242万9018円となかなかの差があります。一方でエクステリア、インテリアともにオーソドックスにまとめられたインサイトと奇抜なデザインで評価が分かれるプリウス。ハイブリッド車のライバルとしてどこまで対抗していけるのか、今後のセールスに注目です。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します