サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ ハイラックスが13年ぶりに日本復活。ディーゼルターボ搭載で326万7000円から

ここから本文です

トヨタ ハイラックスが13年ぶりに日本復活。ディーゼルターボ搭載で326万7000円から

トヨタは9月12日、国内では2004年に販売を終了し、以降は海外専売モデルとなっていた「ハイラックス」の13年ぶりとなる日本導入を発表した。新型ハイラックスは2015年にモデルチェンジした8代目で、10月16日より販売を開始する。2グレードが設定され、価格は「X」が326万7000円、「Z」が374万2200円。

ハイラックスは1968年に発売を開始以来、約180の国や地域で販売され、累計世界販売台数は約1730万台にのぼる。国内にも現在約9000名のユーザーがおり、日本導入を希望する声が届けられていたという。

最大トルク400Nmの2.4リッター・ディーゼルターボを搭載

エンジンは、最高出力150psと最大トルク400Nmを発揮する2.4リッター・ディーゼルターボを搭載。トランスミッションは6速ATのみの設定となる。ダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDを採用し、高速道路や市街地では2輪駆動、不整地や滑りやすい路面では4WDに切り替えることで状況に応じた走行性能が得られるという。また「ヒルスタートアシストコントロール」や「ダウンヒルアシストコントロール」、雪道やぬかるみなどでスリップした際の脱出をサポートする「アクティブトラクションコントロール」もグレード別で設定される。

コンセプトは「タフ&エモーショナル」

「タフ&エモーショナル」をコンセプトとするエクステリアは、全長5335×全幅1855×全高1800mmというボディサイズも相まって迫力ある堂々とした佇まいに。デッキの低位置にスチールバンパーを装備し、荷物積み下ろし時の乗降性も確保した。インテリアは黒基調でシンプルにまとめられ、シルバー加飾や青色の室内イルミネーションがアクセントに。フロント、リヤともに大型のアシストグリップをつかみ易い位置に配置し、乗降性にも配慮した。

先進安全装備も設定

ミリ波レーダーと単眼カメラによる「プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプ)」や、速度50km/h以上で走行時に作動する「レーンディパーチャーアラート」、シフト操作時の急発進・急加速を抑制して被害を軽減する「ドライブスタートコントロール」などの先進安全装備が用意される(グレード別)。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します