サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル クロストレック ハイブリッドのモーターや電池はトヨタが供給。北米専売か

ここから本文です

スバル クロストレック ハイブリッドのモーターや電池はトヨタが供給。北米専売か

米西海岸時11月28日、スバルはロサンゼルスオートショーで同社初となるプラグインハイブリッドモデル「スバル クロストレック ハイブリッド」を発表した。クロストレックの2リッター水平対向4気筒直噴ガソリンエンジンとリニアトロニックCVTにスタータージェネレータと駆動用の二つのモーターを組み込み、PHEVとしては初めてメカニカル的に4輪を駆動する。二つのモーターとバッテリーセルはトヨタ カムリと同じものの供給を受け、コントロールシステムとバッテリーのパッケージング部分はスバル社内で手がけている。EVモードの最高速度は65mph(約105km/h)で、航続距離は17マイル(約27km)。0-60mph加速はガソリンモデルよりも1秒速く、EVとハイブリッド合わせての航続距離は480マイル(約772km)だ。

ハイブリッドモデル専用色のラグーン・ブルー・パールを用意するとともに、ハイブリッドモデル専用アイテムとしてブルーのヘッドライトプロジェクターリングとシルバーメタリックのフロントグリル、ロアーフロントバンパー、ボディクラッディングとブラックマシン仕上げの18インチアルミホイールなども。バッテリーを搭載するカーゴフロアが若干高くなっているところもガソリンモデルとの識別点だ。デリバリーは12月から。現時点では北米のみでの販売になるとのことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します