サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMW、i8ロードスターを発表。最高出力は374hp、EV走行性能も向上

ここから本文です

BMW、i8ロードスターを発表。最高出力は374hp、EV走行性能も向上

独BMWは、ロサンゼルスオートショーでオープンタイプのプラグインハイブリッドスポーツカー「i8ロードスター」を披露した。

i8ロードスターは電動開閉式のソフトトップを備える2シーターモデル。排出ガスを出さないゼロエミッションカーでありながら本格的なスポーツドライビングも楽しめたi8に、オープンエアドラビングというさらなる魅力を加えた。

車体はアルミニウム製シャシーにカーボンファイバー製ボディセルを組み合わせた軽量な設計となっており、軽快な走りとエネルギー効率の高さをバランスさせた。乾燥重量は1595kgに抑えられている。

ルーフ開閉時は折り畳まれたソフトトップは車体の後部に格納される。ルーフの開閉に要する時間は15秒と短く、時速50km/hまでであれば走行中でも操作が可能だ。

なおi8シリーズはロードスターの登場とともに機関面で大幅な進化を遂げており、従来はEV状態で走行できる上限速度は70km/hだったが、現在は105km/hへと向上している。EVとして走れる航続距離はi8クーペが55km、i8ロードスターは53kmと公表される。

モーターと1.5リッターエンジンを合わせたシステム最高出力は374hp、0-100km/h加速はi8クーペが4.4秒、i8ロードスターは4.6秒とガソリンエンジンの大排気量スポーツカー並。もちろん環境性能では圧倒的なアドバンテージを誇る。

【ロサンゼルスオートショー2017特集はコチラ】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します