サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサスRC画像発表。LF-NXはターボ版出現

ここから本文です

レクサスRC画像発表。LF-NXはターボ版出現

レクサスは東京モーターショー2013で2台のコンセプトカーをワールドプレミアする。

■レクサス RC

最大の目玉となるのが、ワールドプレミアされるスポーツクーペ「レクサス RC」だ。今までもスーパースポーツ「LFA」や、3代目ソアラの北米版「SC」は存在したが、レクサス専用に開発された量産スポーツクーペは市販化されれば初となる。

抑揚に富むサイドシルエット、踏ん張り感を強調したホイールフレア、低く構えたワイドスタンスなど、ベースとなるISとは一線を画すクーペ専用デザインで、セダンと共通部分の多いデザインが与えられたドイツのDセグメント・ライバルを気合でも凌ぐか。インテリアは水平基調のインストルメントパネルや表皮一体発泡シートを採用し、クルマとドライバーの一体感を作りこんでいる。

エンジンは3.5Lガソリンと2.5Lハイブリッドの2種類を設定するあたり、新型ISベースと考えてよさそうだ。BMW 4シリーズなどが直接のライバルと目されるレクサスの本格スポーツクーペ、東京MSで発表される詳細スペックに引き続き注目したい。

■レクサス LF-NX

9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされ話題を呼んだ次世代コンパクトSUVのデザインスタディ「レクサス LF-NX」。凝縮感と切れ味がテーマというランボルギーニもかくやの押しの強さの理由には、アウェーとなるドイツのショーでレクサスブランドの強烈な存在感をイメージづけるという目論見があったとか。

東京モーターショー2013では、2.5Lハイブリッドから新開発2.0ターボにパワーソースをスイッチしたという設定のもと、内外装の一部をターボ専用デザインに改めてワールドプレミアされる。フロントリップ部分やコントラストカラーのホイール、シャープなトライアングル形状のマフラーカッターがインサートされたリアディフューザー周辺などの変更ポイントに注目だ。また、インテリアのイルミネーションもフランクフルト版のブルー基調からターボらしいレッド基調へと変わっている。

※写真はレクサスRC

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します