サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ミシュランのハイパフォーマンスタイヤ「パイロット スポーツ 4 S」発表

ここから本文です

ミシュランのハイパフォーマンスタイヤ「パイロット スポーツ 4 S」発表

2月20日、日本ミシュランタイヤは次世代ウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤ「MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)」を発表した。発売は4月1日で、19~20インチの合計39サイズ、価格はオープンとなる。

サーキット使用も想定したフラッグシップタイヤ

「PILOT SPORT 4 S」は、「Pilot Super Sport(パイロット スーパー スポーツ)」の進化版となるフラッグシップタイヤで、ドライグリップ・ウェットグリップ・ハンドリング・高速安定性のすべての指標で進化。公道はもちろん、走行会などサーキットでの使用も可能だという(サーキットメインのユーザーには「Pilot Sport Cup 2(パイロット スポーツ カップ 2)」を推奨)。すでに「メルセデスAMG E 43」や「フェラーリ GTC4 ルッソ」に純正装着され、開発中の60を超える新型車両に採用が決まっているという。

パイロットスポーツで最高のウェット性能

高レベルのドライグリップとともに、同社のスポーツタイヤ中、最高のウェット性能を実現しているのも注目だ。アウト側にドライグリップを最大限に高めるシリカとカーボンブラックのハイブリッドコンパウンド、イン側にウェットグリップを向上させるシリカの結合力を高めた新コンパウンドを組み合わせた、バイ・コンパウンド・テクノロジーを採用している(PILOT SPORT 4はシングル・コンパウンド)。

パイロットスポーツ4に良く似たパターン

トレッドパターンは、「PILOT SPORT 4(パイロット スポーツ フォー)」をベースに、ウェット性能を犠牲にすることなく溝の割合を抑え、ウルトラ・リアクティブ・トレッドパターンによって、接地面積をさらに広げている。また、トレッド内面に高強度・耐熱安定性に優れたハイブリッド・アラミド/ナイロンベルトを採用し、タイヤと路面の密着度を上げて、コーナリング時の操縦安定性能を高めているという。

サイドウォールのロゴはベルベット加工によってハイコントラストで浮き上がるプレミアムタッチデザインとなっている。また、全サイズでリムプロテクターを採用している。

(※ページトップの写真)発表会にはロニー・クインタレッリ選手(左)やポール・ペリニオ日本ミシュランタイヤ代表取締役社長も登壇し、流暢な日本語で「PILOT SPORT 4 S」をお披露目。スーパーGT GT500クラス史上初となる4度のシリーズチャンピオンを獲得したロニー・クインタレッリ選手は、2017年もニスモチームからGT500クラスにミシュランタイヤで参戦予定。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します