サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産が欧州でのe-POWER投入をアピールするコンセプトモデル「IMQ」をお披露目

ここから本文です

日産が欧州でのe-POWER投入をアピールするコンセプトモデル「IMQ」をお披露目

次期ジュークかと身構えたがポイントはあくまでe-POWER

日産がジュネーブショーショーで、電動パワートレーン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーSUVのコンセプトモデル「IMQ」を発表しました。

IMQに搭載されたe-POWERは、昨年、日本で一番売れた登録車、ノートの販売を牽引したe-POWERのシステムと同じく、エンジンはモーターを駆動する発電にのみ使われ、駆動は100%電動モーターが担います。IMQの場合はフロントとリアに電動モーターを搭載し、全輪を駆動するマルチモーターAWDとしています。

日産では同時に、2022年までにe-POWERを欧州の量販モデルに搭載することを合わせて発表。欧州ではリーフが販売台数トップの電気自動車となっている日産ですが、e-POWERの投入によって、欧州における日産の電動車両の販売は現在の約5倍、2022年度末には市場平均の2倍の規模を見込んでいます。

IMQのデザインは、今後の日産のクロスオーバーモデルのデザインを示唆していて、細かい砂紋のような縦桟ラインのVモーショングリルや、解放感のある枠がないかのように見えるガラスルーフ、コマンドで上昇して現れる埋込式のドライブシフトなど、新たな表現が垣間見えます。

アグレッシブなエクステリアは、一見するとジュークの次期型を連想してしまいますが、サイズ的には欧州で販売されているキャシュカイをひと回り大きくしたサイズ感となります。しかし、観音開きのドアや、コンセプトカー然としているインテリアなど、IMQを即座に実車に結び付けてしまうのは時期尚早と言えそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します