サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レヴォーグ STI Sportはどんなクルマか? STI代表がニュルで語った

ここから本文です

レヴォーグ STI Sportはどんなクルマか? STI代表がニュルで語った

STIがニュル24hに参戦し続ける意味

先日のニュルブルクリンク24時間レース(以下、ニュル24h)において、「スバル WRX STI」がクラス2連覇を飾った。スバルのモータースポーツを司るSTIは、このレースに2008年から9年にわたって参戦し続けており、今回を含めて実に4回のクラス優勝を果たしている。

レースだけに、そこに参戦する目的としては当然“勝利”があるわけだが、実はSTIやスバルとしては“それ以外”にも目的があるという。今回はニュル24hの現場で、STI代表取締役社長の平川良夫(ひらかわ よしお)氏にインタビューすることができた。そこでの話をもとに、今後のSTIやSTIを支えるスバルについて、皆さんにご報告していこう。

平川氏はまず、そもそもSTIがニュル24hに挑戦する意味をこんな風に語ってくれた。「スバル/STIは今、様々なモータースポーツに関わっています。アメリカではグローバル・ラリークロス選手権、日本ではスーパーGT、そして欧州では今回のニュル24hといった具合です。もちろん、それぞれのカテゴリーによって違った狙いがあるわけですが、ニュル24hの場合は何と言っても、スバル/STIのエンジニアリングサイドを広く知ってもらうために参加しています。

お客様が乗るクルマと同じ車体(WRX STI)をベースにして、レースのレギュレーションの範囲で手を加えているので、ニュル24h用のマシンというのはお客様のクルマの延長線にある存在です。そしてこの中で技術的な追求をしていくことによって、我々は今後のクルマ作りに活かせるような知見を得ていくのです。

レース車両と市販車は違う、という意見もあるでしょうが、我々はここニュルでのレースだからこそ市販車に活かせるものがあると思っています。ニュルは完全なサーキットというより、路面コンディションやめまぐるしく変わる天候など、リアルな使用環境とオーバーラップしている部分が多々あるわけです。

例えばドイツに住むスバルのお客様であれば、アウトバーンを250km/hオーバーで走ることもあります。路面ミューが低い上に、今回のように雹(ひょう)が降ったりする天候も同様です。そうした場面に出くわすことは当然、市販車でも起こりうるわけです」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します