サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMW C 400 XとC 400 GTはファッションセンスが正反対の兄弟アーバンスクーター

ここから本文です

BMW C 400 XとC 400 GTはファッションセンスが正反対の兄弟アーバンスクーター

メカニズムはほぼ共通だけど見た目はかなり違ってる

日本自動車輸入組合(JAIA)主催の2輪車試乗会に参加してきました。試乗するのはもちろんすべて輸入車。その中で気になったモデルをチョイ乗りしたのでレポートします。

ドイツBMWの自動二輪車部門、BMWモトラッドのミドルサイズスクーター、「C 400 X」と「C 400 GT」に編集Sが乗りました。超ざっくり言うと、両モデルの車体メカニズムはほぼ共通で、見た目がアーバンギアっぽいXと、郊外までは余裕でちょっと頑張ればロングツーリングも行けなくもないGTという差別化が図られています。

モデル名は“400”と付いていますが、エンジンは水冷単気筒の349ccで、ここら辺のネーミングは四輪車でも最近では3.0リッターエンジン搭載車を330iではなく、340iなどとちょっと大きめに表現するBMWの法則(?)に倣っているのかもしれません。

エクステリアをそれぞれ見ていくと、アーバンギアっぽいC 400 Xのフロントフェイスは、左右非対称のLEDヘッドライトや、その下にちょこんと突き出た鳥の嘴(くちばし)のようなフロントカウルが、同社のアドベンチャーモデル、GSシリーズの意匠を踏襲していて、コンクリートジャングルを軽快に駆け抜けるというイメージのようです。

一方、ちょっと頑張ればロングツーリングも行けなくもないC 400 GTは、大型のウインドスクリーンを備え、LEDヘッドライトは、3シリーズはじめ四輪BMWとの共通性を感じさせる意匠となっています。細かいところでは、Xでは格納式のタンデムステップが、タンデムする機会が多いであろうGTでは据え付け型のボードタイプになっていたりします。さらに言えば、ハンドルカバーやタンデムバーなども別もので、そこまでする?というのが正直な感想ですが、そこまでするからこそ両者の違いがはっきり打ち出せるのでしょうね。

次のページ>>標準装備が充実もTFTディスプレイは付けておいたほうが無難?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します