サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ダッジJCが証明 アメ車のYes,we can!

ここから本文です

新型ダッジJCが証明 アメ車のYes,we can!

これはこれで光るものあり!

正直、今のダッジに何ができんの? と多少引き気味で臨んだJC試乗会。だが、行けば行ったで「結構、面白いのが出てきたなぁ」と思った。これはこれで光るものあり!…なんというか、外人パブで侮れない好みの美女に出会っちゃったような感じである。こう書くと間違いなく怒られると思うけど(笑)。ところでこの時期、なんで新車を出してんの? という厳しい意見を言っている人がいたが、ワタシの見解では全くの逆。今だからこそ元祖ビッグスリーは新車、それもチャレンジングなモデルを出すべきなのである。それこそが生命線だ。しかもJCは結果的に“今だからこそ出すべき”モデルでもあった。意外なほど日本市場のツボにハマっているのである。

JCは言わばダッジが07年(ヨーロッパでは06年)から展開している世界戦略車のひとつで、ハッチバックのキャリバー、セダンのアベンジャー、SUVのナイトロ、マッスルカーのチャージャーに続く5台目だ。なぜ発表時期が遅れたかについて正式なアナウンスはないけれど、基本的にはヨーロッパ市場狙いなので最後になったということだろう。というのもJCの売りはズバリ3列シートの7人乗り。広報曰く「SUV+ミニバン+乗用車÷3」の“トリプルクロスオーバー車”ということだが、なんのことはない。要はダッジ初のミニバン、私に言わせれば“ダッジ製オデッセイ”だ。

ベースはアベンジャーで走りは確かに乗用車ライクだが、そんなことは国産車を考えれば当たり前。ボディサイズにしろ全長4895mm×全幅1880mm×全高1720mmと完全にひと回り大きく、SUV的ではあるが、だからといって駆動方式はFFのみで特に悪路走破性に優れているわけではない。“トリプルクロス”と言うことで、ライバルとの違いを強調したかったのだろうが、かえって存在が分かりにくくなった気がする。やはり基本は“ヤンキーオデッセイ”。そして3列シートだからこそ、ヨーロッパをメインターゲットとする新世代ダッジとしては開発が後回しになったのであろう。

ちなみにJCという車名は開発コードネームで、本来「ジャーニー」という呼称だったが、日本では他社が商標を取ってるがゆえ使えなかったとのこと。個人的にはロックバンドの「Journey」と一緒に来て欲しかったところだが(笑)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します