サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 「現行型」ベンツのCクラスが新車の半値以下=総額100万円台に! でもそれって本当にお値打ちなの?

ここから本文です

「現行型」ベンツのCクラスが新車の半値以下=総額100万円台に! でもそれって本当にお値打ちなの?

sponsored by リクルート

「現行型」ベンツのCクラスが新車の半値以下=総額100万円台に! でもそれって本当にお値打ちなの?

メルセデス・ベンツ Cクラス(前期型)

総額100万円台の現行Cクラスって実際どうなんだ?

メルセデス・ベンツといえば「高そうな車」の筆頭格であり、実際にその価格は当然ながら高い。まぁ古めの中古車だと実は安かったりもするが、「現行型のメルセデス」であれば、中古車相場もそれなり以上に高くなるのが通例である。

しかし今、総額100万円台で買えてしまう現行型世代のメルセデス・ベンツがある。

2014年にデビューしたW205こと現行型Cクラスだ。

いやもちろん「総額100万円台」といっても、100万円とか120万円ではさすがに無理なのだが、総額170万~200万円未満のゾーンで、そこそこ好条件な1台が探せるのである。

だが世の中というのは「光あるところに必ず影がある」もので、お安い中古車にもたいていの場合、安いだけの「理由」がある。

そう考えると、新車時価格(いちばん安いグレードでも419万円)の半値以下で買えてしまう総額100万円台の現行型メルセデス・ベンツ Cクラスは本当に「お値打ち」なのか、それとも「やめておいた方がいい」なのか、早計には判断しかねる。

ただし気になる存在であることは間違いないため、様々な角度からそのお値打ち度(または、やめておいた方がいい度)を検証してみることにしよう。

▼カーセンサーで「総額100万円台で購入可能なCクラス(現行型)」を見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します