サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMWがラグジュアリーに本腰。最上級SUVの新型X7と改良型7シリーズが日本上陸

ここから本文です

BMWがラグジュアリーに本腰。最上級SUVの新型X7と改良型7シリーズが日本上陸

巨大グリルに目がいきがちな新型X7だけど見どころは他にもある

6月24日、BMWは国内において、最上級SUVとなる新型「X7」と、大規模なフェイスリフトを受けた最上級セダン「7シリーズ」の発売を開始すると発表しました。

まず、BMWのヒエラルキーの中からすっぽり抜けていたハイエンドSUVの領域にピタリとはまる新型X7は、昨年末のクーペの新型8シリーズ、そして今年に入ってセダンの7シリーズのビッグマイナーチェンジに続く、BMWの「最上級ラグジュアリー」を再定義する重要な要素となるわけです。

まずX7のボディサイズですが、全長5165mm、全幅2000mm、全高1835mmで、ホイールベースは3105mmと、BMW最大のモデルとなり、直接的なライバルであるメルセデス・ベンツ GLSクラスよりも、少し長くて広くて、ちょっと低い絶妙なサイズとなっています。

その数値だけを見るとシンプルに巨大ですが、実際に会場で目にしたX7は、直線基調で落ち着いたスタイルのせいか、意外にも周囲を威圧するような雰囲気は弱め。特にサイドはリアに向かって上がっていくウィンドウ下端のラインや、シンプルなキャラクターラインなどによって、高さ方向の厚みよりも、水平方向への伸びやかさを強く感じさせるデザインとなっています。

ざわざわと世の中を騒がせている、X7の巨大な一体型キドニーグリル「モノキドニー」ですが、実際に見ると、センター上下にちょっと切れ込みのある縦型の一体型グリルといった風情で、その横に薄く水平に羽を広げるように配置されたヘッドライトと相まって、バランス良くまとまっているように感じました。

どうしてもグリルに目が行きがちですが、全体を眺めると彫刻的なエクステリアには、要所ごとに7シリーズとの共通性を感じさせるソリッドな造形のクロームパーツが使われていて、ラグジュアリーなムード作りに貢献しています。

次のページ>>話題の高速渋滞ハンズ・オフなどBMWの先進装備をひと通り搭載

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します