サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボルボ、7人乗りSUVの新型XC90を発表。新プラットフォーム採用第1弾

ここから本文です

ボルボ、7人乗りSUVの新型XC90を発表。新プラットフォーム採用第1弾

ボルボは1月27日、2代目となる7人乗りSUVの新型XC90を発表した。新世代プラットフォームSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)の初採用や、世界初の安全技術搭載など、フラッグシップに相応しい内容を得て約12年ぶりにフルモデルチェンジされた。

新プラットフォーム採用の第1弾モデル

新型XC90は約1兆3000億円もの投資による構造改革から生み出された最初のモデルで、その核となるのが今回初採用されたSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)と呼ばれる新プラットフォーム。SPAの採用により、安全性の向上はもとより、電動化や自動運転を見据えた開発にもフレキシブルに対応可能で、今後販売される全ての中大型車に適用可能となっている。ボディサイズは全長4950×全幅1960×全高1775mm、ホイールベースは2985mmと、先代と比べて全長が140mm、ホイールベースが130mm延長されて大きくなったが、車両重量は最大で120kgの軽量化が図られている。

内外装デザインも一新

エクステリアでは、北欧神話に登場するトール神(雷神)が持つハンマーをモチーフにしたT字型ポジションライトを配したLEDヘッドライトや、リニューアルしたアイアンマークを中央に置いたフロントグリル、全体に虚飾を廃したシンプルな造形が印象的。インテリアではクリーンでモダンな「スカンジナビアンラグジュアリー」が上質な素材によって表現され、新設定の12.3インチのメーターパネルとヘッドアップディスプレイには走行中に必要な各種情報が表示される。また、直感的な操作が可能なタッチスクリーン式のセンターディスプレイに主要機能が集約され、ボタンやスイッチ類が大幅に減らされた。

パワートレーンは3タイプ。初のPHVモデルも

ボルボ初のPHVモデル「T8」は、2.0L直列4気筒直噴ターボ(スーパーチャージャー付)に電気モーターを組み合わせ、システム合計で407ps/640Nm(欧州参考値)を発生。燃費は15.3km/L(JC08モード)を達成し、電気モーターのみで35.4kmの走行が可能だ。その他、254ps/350Nmの2.0L直列4気筒直噴ターボの「T5」、320ps/400Nmの2.0L直列4気筒直噴ターボ(スーパーチャージャー付)の「T6」が設定される。トランスミッションは3タイプとも8速ATが組み合わされ、駆動方式は4WDとなる。

世界初の安全技術を装備

XC90は2つの世界初となる安全技術を採用。そのひとつが「ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護システム)」で、車両が道路から逸脱したことをセンサーが検知すると、即座にシートベルト・テンショナーがシートベルトを巻き上げ、メタル製クッションが乗員にかかる衝撃を吸収。体へのダメージ、特に脊椎損傷による重症化を防ぐという。もうひとつが「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」で、交差点の右折時に直進してくる対向車との距離や速度を検知して、そのまま右折すると衝突すると判断した場合にオートブレーキが作動する。

各グレードと価格は以下の通り。
T5 AWD モメンタム:774万円
T6 AWD Rデザイン:879万円
T6 AWD インスクリプション:909万円
T8 ツインエンジン AWD インスクリプション:1009万円

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します