サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型レクサス「NX」発表。何が変わった? PHV、新開発ターボ、14インチディスプレイなど見どころ満載

ここから本文です

新型レクサス「NX」発表。何が変わった? PHV、新開発ターボ、14インチディスプレイなど見どころ満載

新型NX、どんなクルマ?

レクサスのミドルクラスSUV「NX」が国内発表されました。2014年に発売された初代は、世界90以上の国と地域で累計100万台以上を販売し、兄貴分の「RX」とともに、レクサスの屋台骨を支える超重要モデル。今回のモデルチェンジでは、「次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾」としてあらゆる要素を一新した、という気合の入りようです。

ではその内容を見ていきましょう。

変わらないようで、変わっている?

大型のスピンドルグリルを起点に、直線的なエクステリアデザインを採用した初代に比べ、スピンドルグリルを起点としながらも、各部のディテールを変更することで、より立体的で塊感のある造形へと深化させています。

一目でNXと分かるイメージを残しながら、20インチ(225/60R18→235/50R20)の大径タイヤを採用し、トレッドを拡大するなど、よりSUVらしい力強さが増している印象。写真よりも実車の方が、新旧の違いをより明確に感じることができます。

インテリアのトピックは、14インチの大型ディスプレイを採用した点。スバル「レヴォーグ」の11.6インチ、レクサス「LS」の12.3インチよりも大きい”ノートパソコン並み”の国産車最大クラスです。なお、ほとんどの操作をタッチパネルに集約したため、レクサス伝統の「リモートタッチパッド」は廃止されました。

インテリアは、人が馬を操る際に使う”手綱”に着想を得た「Tazuna Concept(タズナ コクピット)」を採用。水平基調だった先代に対し、ディスプレイがドライバー側に傾倒しているため、運転席に乗り込むと、コックピット感のあるドライバーオリエンテッドな仕立てになっています。

ちなみに、最新のスマートフォンに負けないくらい高精細なディスプレイを採用した、とレクサスの担当者は胸を張っていたので、ぜひ実車でその映像美をチェックしてはいかがでしょうか。

次のページ>>ボディサイズはほぼ同一。ただし注意が必要



レクサス NXの買取相場は?

レクサス NXハイブリッドの買取相場は?

レクサス NXのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します