サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ3、スカイアクティブXの価値は数値的なものより唯一無二のフィーリング

ここから本文です

マツダ3、スカイアクティブXの価値は数値的なものより唯一無二のフィーリング

マツダ3、スカイアクティブXの価値は数値的なものより唯一無二のフィーリング

マツダ3 ファストバック X Lパッケージ

価格差を考えれば性能差は小さいという見方も

待望のスカイアクティブXが、ようやくユーザーの元に届く。当初予定の10月発売からスケジュールが遅れたのは、ハイオクガソリン対応のためだという。エンジン自体はレギュラーガソリンで動くのだが、ハイオクを入れた際に入れた分のメリットが出るように再調整したのである。

率直に言ってスカイアクティブX、パワーやトルクの数値は驚くほどのものではない。それだけに、ユーザーにせめて気持ちよさを感じてもらおうと考えてのことかなと筆者は見ている。スカイアクティブXの最高出力は180ps、最大トルクは224Nm。WLTCモードでの燃費は2WDのATで17.2km/Lとなる。

参考までにガソリン2.0Lの20Sは、最高出力156ps、最大トルク199Nmで、燃費は同じ2WDのATで15.6km/Lである。もちろん悪くはないのだが、70万円弱にもなる価格差を考えれば、差は小さいという見方もできる。では一体、スカイアクティブXでは何が得られるのか。

それを知るためには、まずスカイアクティブXとは一体どんなエンジンなのかを改めて確かめておこう。その技術の根幹にあるSPCCI(火花点火制御圧縮着火)が、そもそも狙ったのはリーンバーン化である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します