サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > オーリス、マイナーチェンジ。ダウンサイズ・ターボと衝突回避ブレーキ搭載

ここから本文です

オーリス、マイナーチェンジ。ダウンサイズ・ターボと衝突回避ブレーキ搭載

ダウンサイズ・ターボと衝突回避ブレーキを搭載

4月6日、トヨタは日欧Cセグメントの戦略モデル「オーリス」をマイナーチェンジした。

内外装デザインに手が加えられたほか、最上級グレード「120T」には、1.8Lエンジン並の走りを1.5Lエンジン並の燃費で実現する、トヨタブランドとして初の新開発1.2L直噴ターボエンジンを搭載。また、衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センス C」を1.2Lターボ車、1.8L車に標準、1.5L車にOP設定した。

価格は178万9855円~259万37円。月販目標台数は1000台。

目玉は1.2L直噴ターボを搭載する「120T」

120Tに搭載される1.2L直4DOHC・直噴ターボ(8NR-FTS)はトヨタにとって、レクサスNXに搭載される2L直噴ターボ(8AR-FTS)に続く第二のダウンサイズ・ターボエンジンだ。直噴システムのD-4Tや自社開発のターボチャージャー、シリンダーヘッド一体エキゾーストマニホールド、アイドリングストップ機能など、NX200T搭載エンジンと基本的に共通の技術が用いられている。

JC08モード燃費は19.4km/Lと、グレード中最高の燃費をマーク。最大トルクを1500-4000rpmの幅広い回転域で発生させるほか、可変角を拡大した吸気側連続可変バルブタイミング機構によって、低負荷域ではアトキンソンサイクル制御に移行して、ポンピングロスを低減する。

その他のエンジンラインナップは1.8L直4DOHC・自然吸気と、1.5L直4DOHC・自然吸気。トランスミッションは従来通り、全車でCVTが組み合わされるが、直噴ターボ用は専用チューン。1.8L車の「RS」では、6MTが組み合わされる。その一方、欧州仕様に設定されるハイブリッドは今回も導入されない。

「トヨタ セーフティ センス C」搭載第2弾に

3月末に発売されたカローラ・シリーズに続き、10-80km/hで作動する衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)を組み合わせた衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センス C」が1.2Lターボ車と1.8L車に標準、1.5L車にOP設定された。

先行車の発進を知らせる告知機能も1.2Lターボ車と1.8L車に標準、1.5L車にOP設定。

内外装デザインもブラッシュアップ

全長が55mm拡大したエクステリアはヘッドランプを強調するメッキモールや、開口部を広げたロアグリル、水平基調のリアバンパーなどが変更点。スポーティモデルのRSはハニカムグリルや、スポイラー&サイドモールなどのエアロパーツを装着する。

また、インテリアもピアノブラックやサテンクロームメッキの加飾で上質感を表現。二眼コンビネーションメーターには4.2インチTFTカラーディスプレイを組み合せて視認性を向上している。

<スペック例>

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します