サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 最高出力450psのプレミアムクーペ、アウディRS5クーペ発表

ここから本文です

最高出力450psのプレミアムクーペ、アウディRS5クーペ発表

アウディジャパンは6月21日、9月下旬に発売予定の「RS5クーぺ」を発表した。RS5クーペは、高性能スポーツモデルを手がけるアウディスポーツにより開発された、A5シリーズのトップモデル。内外装をはじめ、エンジン、シャシーに専用チューンが施される。

さりげなく高められた高性能感

エクステリアは、quattroロゴ付きのシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用デザインの前後バンパー、リアディフューザーなどにより、スポーティ感が高められている。そしてもうひとつ大きな特徴がブリスターフェンダー。ブリスターフェンダーは、ワイドタイヤの装着に合わせてフェンダーそのものをワイド化したもの。これにより全幅は標準モデルに比べて15mm拡大している。派手さはないが、これ見よがしではない自然なワイドトレッド化がアウディのようなプレミアムスポーツにはふさわしいといえるだろう。また、細かなところではマトリクスLEDヘッドライト内部のベゼルをカラード化するなど、ディテールのデザインでも他グレードと差別化されている。

スポーティかつ高機能なインテリア

インテリアデザインは、上質なナッパレザーにダイヤモンドステッチを施したSスポーツシートや、アルミニウムレースアンスラサイトのデコラティブパネルを装備するなど、素材やデザインに凝っている。また、シリーズのトップモデルということで「アウディバーチャルコクピット」が標準装備され、メーター内の12.3インチTFTディスプレイにカーナビの地図をはじめ、様々な情報の表示が可能だ。アウディプレゼンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)など予防安全装備も充実している。

ターボ化により高トルク化されたエンジン

エンジンは、ダウンサイズ化された新世代の2.9リッターV6ツインターボを搭載する。450psの最高出力は先代の4.2リッターV8 NAと同じながら、最大トルクは600Nmと従来比で170Nmもアップしている。これに8速ティプトロニック・オートマチックトランスミッションとフルタイム4WDシステムが組み合わせる。公表されたパフォーマンスは、0-100km/h加速は3.9秒と4秒を切る速さ。最高速度は280km/hとされる。一方、燃費は100kmあたり8.7リッター(11.5km/L)と高性能かつ高効率だ。

ハイテクサスでスタビリティアップ

サスペンションは、フロントが改良型の5リンク式、リアも5リンク式を採用する。電子制御でコーナリング時のロールや、ブレーキング時のノーズダイブを抑制するダイナミック・ライド・コントロール(DRC)付きスポーツサスペンションプラスにより、俊敏なハンドリング性能と快適性の向上を図っている。また、モードの切り替えによりパワーステアリングやエンジン特性と共に、ダンパーの減衰力を調整できる「アウディドライブセレクト」も備わる。

さまざまなテクノロジーが駆使された高性能スポーツRS5クーぺ。価格は1257万円に設定され、ハンドル位置は左と右が選べる。

※写真はすべて欧州仕様車

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します