サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 国内復活の新型シビックは3タイプ同時に9月発売。ハッチバックには6MTも設定

ここから本文です

国内復活の新型シビックは3タイプ同時に9月発売。ハッチバックには6MTも設定

ホンダは7月27日、2011年に国内での販売を終了して以来、約6年ぶりの復活となる新型シビック(10代目)を発表した。アメリカでは2015年に発売されており、2016年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。同年の販売台数が36万台を超えるヒットモデルになっている。価格はセダンが265万320円、ハッチバックが280万440円、タイプRが450万360円(全てFF)で、発売開始は9月29日。ここではセダンとハッチバックの概要を紹介しよう。

新プラットフォームを採用し3タイプを同時開発

新プラットフォームをベースに、セダン、ハッチバック、タイプRの開発を同時にスタートさせた新型シビック。セダン、ハッチバックともにロー&ワイドを基調にしたスポーティ感の漂うスタイルが目を引く。両者のサイドビューを比べると、セダンではルーフラインをトランクリッド後端まで引き伸ばし、空力効果を持たせたクーペのようなデザインを採用。タイプRと基本形状を共にするハッチバックは、リアオーバーハングを短縮することでタイヤの四隅配置が強調され、さらにセダンの16インチに対して18インチのタイヤを履かせることでアグレッシブなスタイルを得ている。ボディサイズはセダンが全長4650×全幅1800×全高1415mm、ハッチバックは同4520×同1800×同1435mm。

1.5リッター直4ターボ搭載。ハッチバックには6速MTも設定

エンジンは両者ともに1.5リッター直4ターボのみの設定だが、セダンの最高出力173ps/最大トルク220Nm(CVT車)に対し、ハイオク仕様のハッチバックは同182ps/同220Nm(CVT車)と出力を高めてよりスポーティな味付けが施された。またハッチバックのみに設定される6速MT車は、ターボ過給圧を高めることで最大トルクを240Nmまで引き上げている。

運転支援システム、ホンダ センシングを標準装備

ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた先進運転支援システムの「ホンダ センシング」を標準装備。車両や歩行者を検知して衝突の危険がある場合には表示や音で警告、緊急時にはブレーキを作動する衝突被害軽減ブレーキや、車線を外れそうな際に表示とステアリング振動で警告し、さらに車線内へもどすように制御する路外逸脱抑制機能、前走車と適切な車間を保つようにアクセルとブレーキを制御し、渋滞時などには前走車の停止に合わせて停車する機能も備える渋滞追従機能付ACCなどが備わる。

次のページ>>スペック

【関連記事】
新型シビック タイプR発表。3つの走行モードやレブマッチ機能などを新採用
ハンドリングマシンとなったシビックは、ミニバン&HV天国日本で成功するか?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します