サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新エンジン搭載が“吉”C4&C4ピカソに試乗

ここから本文です

新エンジン搭載が“吉”C4&C4ピカソに試乗

大きな口とBMWの血が入った新エンジン

デビューしたばかりのシトロエンC4を駆って、大西洋に面したフランス西南部、ビアリッツ郊外の道を走ったのは2004年秋のことだから、早いもので今年で5年目。確かにマイナーチェンジしてもおかしくない時期に至っているわけだ。今回のフェイスリフト、外観的には前から見れば変更点は一目瞭然で、シトロエンのアイコンであるダブルシェブロンのマークをモチーフにしたノーズ上部のスリットの下、これまで水平方向に開いたエアインテークが、台形の大口になっている。C5がすでにこれに近い形状で登場しているのでこうなるのは必然かもしれないが、初期型と新型、好みの分かれるところだろう。

それはさておき、シトロエンたるもの、外観変更のためだけのフェイスリフトなどしない。実はその中身、それもパワーユニットが劇的に変わった。日本に導入されるガソリンエンジンについていえば、これまでプジョー開発の1.6リッターおよび2リッター4気筒を搭載していたが、新型はBMW主導でプジョーと共同開発された1.6リッター 4気筒がそのノーズに収まる。すでにプジョー207や308に搭載されているものと基本的に同じエンジンだが、C4用には2種類がある。ひとつは、連続可変バルブタイミング機構を備えるDOHC4バルブのNA仕様で、1.6リッターから120ps/16.3kg-mを発生。もうひとつがDOHC4バルブの直噴ツインスクロールターボ仕様で、これも連続可変バルブタイミング機構を備えている。こちらは140ps/24.5kg-mと、パワーは控え目ながら2.5リッターNA並みのトルクを生みだす。

それらが搭載されるボディは、5ドアハッチバックと3ドアハッチバックの2タイプで、5ドアの「C4 1.6」と3ドアの「C4 1.6 VTR」にNAが、5ドアの「C4 1.6T エクスクルーシブ」にターボが搭載される。トランスミッションはいずれもフランス製の4段ATで、旧VTRで2リッターエンジンと組み合わせられていた5段MTは日本には導入されなくなった。そういえば、以前「サルーン」と呼ばれていた5ドアが「ハッチバック」という名になったのは、本国に3ボックスの「セダン」が登場したことの影響だろう。新型のプライスは「C4 1.6」が269万円、「C4 1.6T エクスクルーシブ」が324万円、「C4 1.6 VTR」が275万円だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します